「銀行破綻」の激震…政府の介入も虚しく、訪れた恐ろしい結末 (※写真はイメージです/PIXTA)

金融庁より業務改善命令を受け、異例の「直接管理」まで行われることとなったみずほ銀行。「銀行」への政府の介入は他にも、2003年に起きたりそな銀行への公的資金注入や、足利銀行の一時国有化という衝撃的な事件が存在します。事態はどのようにして招かれ、その後「監査法人業界」はどうなったのか。監査法人アヴァンティア・法人代表CEOの小笠原直氏が、当時の監査法人業界を振り返ります。

【関連記事】残業に徹夜の辛い日々…「日本の公認会計士」が少なすぎる実態

銀行が「事実上の国有化」「経営破綻」に至るまで

”繰延税金資産”は、会計ビッグバン(外国に合わせて新しく会計基準を導入した動き)で導入された制度です。この制度には、実は銀行救済という意味合いがありました。

 

銀行の場合は、融資したお金が取り立てられない場合、不良債権を早期償却するために貸倒引当金の多額の繰り入れを行いますが、繰入額には税法上限度額があるため、税務上の要件を充たさないとそれは認められず、利益を落としているにもかかわらず、税金を多く払わなければならないというケースが多いのです。

 

そこで相手の会社が例えば倒産すると、貸し倒れが確実になるので、税務上も認容される。そのときには課税所得という税務上で計算された利益から減額されるので、利益が出ていてもその分が引かれるため、税金を払わないですみます。

 

これは税の前払いになるので、あらかじめ税金資産を積むことになる。これが繰延税金資産であり、税効果会計です。この資産によって、銀行は純資産を膨らませることができたわけです。

 

しかし、この繰延税金資産は、将来の課税所得(および納税額)があることを見込んで計上されるものなので、当然ながら、将来の課税所得の十分性が前提となります。銀行など金融業の場合も、一般的に最長5年分の課税所得の範囲内で繰延税金資産を計上できるとされています。

 

りそな銀行や足利銀行のケースにおいて公的資金注入を余儀なくされたのは、この繰延税金資産の取り崩しという事態が起こったからです。

 

りそな銀行の場合は、課税所得の見積もり期間を5年から3年に短縮することを監査法人が求めました。足利銀行の場合はもっと極端で5年から0年、つまり全額の取り崩しが求められたのです。

 

りそな銀行の場合でいえば、同行を監査する監査法人のうち、新日本監査法人(当時)と共同監査を行っていた朝日監査法人(当時)が繰延税金資産の取り扱いをめぐって共同監査を辞退してしまったのです。

 

それで決算監査は大幅に遅れ、新日本監査法人が5月に入ってりそな銀行の主張を疑問視して、繰延税金資産の5年分を否定して、3年分の組み入れしか認めない方針を打ち出しました。

 

その結果、同行の自己資本比率が基準の4%を下回ることになり、政府に資本注入を申請せざるを得なくなったのです。

 

この申請は認められ、預金保険機構が株式を取得するという方法で公的資金が注入され、同行は事実上、国有化されるに至りました。

 

足利銀行の場合は、監査を担当していた中央青山監査法人が突然、繰延税金資産を計上しないように通告したのです。

 

そのために、多額の繰延税金資産がいきなり貸借対照表の資産の部から消えてしまったのです。それで足利銀行は債務超過に陥り、自主経営を断念せざるを得なくなり、一時国有化のあと、経営破綻しました。私の地元の栃木県では激震が走りました。

監査法人アヴァンティア 法人代表CEO 公認会計士

栃木県出身。1989年一橋大学経済学部卒業。
公認会計士第二次試験合格後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)、太陽監査法人(現太陽有限責任監査法人)を経て、2008年に監査法人アヴァンティアを設立・法人代表に就任。
日本公認会計士協会実務補習所副委員長、公認会計士修了考査試験委員、独立行政法人経済産業研究所評価委員、独立行政法人統計センター評価委員、相模原市外部包括監査人、慶應義塾大学環境情報学部准教授、千葉大学法経学部講師を歴任。
現在は、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構監事、東プレ株式会社(東証第一部)社外取締役、都築電気株式会社(東証第一部)社外監査役、一橋大学大学院経営管理研究科講師と活躍の場を広げている。
監査法人アヴァンティアは、成長するミドルサイズの上場企業への監査を目的に2008年設立した「日本を支えるベンチャー監査法人」。
2021年7月1日現在、上場企業クライアント31社(業界12位)、メンバー113人。
「適正規模」の法人を標榜し、オーガニックな成長を提唱する「AVANTIA 2030」において、業界ベストテンを志向する。

著者紹介

連載監査法人の原点

※本連載は、小笠原直氏の著書『監査法人の原点』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

監査法人の原点

監査法人の原点

小笠原 直

幻冬舎メディアコンサルティング

公認会計士はいかなるときも正しくあれ 公認会計士の仕事とは、企業の決算書が会計基準に基づき、適正に作成されているか否かについて監査意見を表明することであり企業の信用を担保する重要なものである。 本書では、公…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧