「近視」を放置する危険性…“光”がもたらす恐ろしい害悪とは? (※画像はイメージです/PIXTA)

近年、近視用の眼鏡をかけている子供を見かけることは珍しくない。それだけ近視を患う人が増えているということだろう。眼鏡により視力は補えるが、視力低下は別のリスクをもたらす可能性があるという。衆議院議員であり眼科医でもある吉田統彦氏に、近視について社会的状況との関連を踏まえ、要因や危険性、予防法など紹介してもらう。

「バイオレットライト」の近視抑制への有効性

近視の抑制に関し、慶應義塾大学医学部眼科学教室の「バイオレットライト(以下、VL)仮説」が注目されています。私、吉田統彦もこの理論に注目し、平成31年4月12日の衆議院厚生労働委員会で当時の根本厚生労働大臣に対し、近視予防及び抑制対策に関する質問を行いました。

 

太陽光を直接見ると重篤な網膜障害を起こすので禁忌ですが、屋外活動での近視抑制効果は、VLが存在する環境下で活動することが要因であるとするのがVL仮説です。

 

地上に届く太陽の光は、人間の目が感知できる「可視光」、感知できない「可視光以外(紫外線、赤外線など)」の大きく2つにわけられます。太陽の光はさまざまな波長の集合体で、プリズムのような分光器で分解すると、虹のような赤から紫までの色が表れます。VLとはこの中の紫色の光で、波長は360〜400nmの領域です。太陽光には豊富に含まれていますが、蛍光灯やLEDなどの室内の光にはほとんど含まれていません。

 

VLが近視進行を抑制するメカニズムを追究するため、慶應義塾大学の研究チームは、近視に関与する遺伝子に対するVLの影響を調べました。そのうちの1つが、近視の進行を抑制すると考えられている遺伝子「EGR1」です。研究の結果、VLが目に入るとEGR1が活性化されることがわかったのです。

 

実験近視モデルとして世界中で広く用いられているヒヨコを使用し、VL環境下で生活する群とそうでない群にわけて研究したところ、VL環境下で生活する群で有意に近視の進行が抑制されました。

 

また、VLの一部をカットすると考えられるコンタクトレンズの装用は子どもの眼軸長の伸長(近視の進行の原因となる)に有意な影響を与えます。つまり、VL影響下での活動による近視抑制には続々とエビデンスが提唱され、今後更なるエビデンスの蓄積が期待されます。

衆議院議員、衆議院内閣委員会委員、消費者問題に関する特別委員会委員、医学博士

2005年名古屋大学医学部大学院博士課程修了。医学博士。
メリーランド州のジョンズ・ホプキンス大学のフェローであった際、2019年にウィリアム・ケリン、ピーター・ラトクリフとともにノーベル医学・生理学賞を受賞したグレッグ・セメンザと共同研究を行った。

著者紹介

連載医師のためのお役立ち情報

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧