「介護は子どもの義務ではない」が…“有料老人ホーム代”に注意 ※画像はイメージです/PIXTA

それぞれ対象や特徴の異なる「介護施設」について、介護事業を運営する、株式会社アテンド・代表取締役の河北美紀氏が解説します。※本記事は、書籍『身近な人の介護で「損したくない!」と思ったら読む本』(実務教育出版)より抜粋・再編集したものです。

「老健」「療養病床」「療養病床」の特徴を解説

介護老人保健施設(老健)

 

介護老人保健施設(老健)は、病院から退院して在宅復帰を目指すときに、心身のリハビリや医療的ケアを提供する施設です。要介護1から入所可能であり、基本的に3~6ヵ月で退院します。

 

リハビリは、全体的に週2回のところが多いですが、入所し始めた最初の3ヵ月程度なら、希望すれば週に3回提供してくれる施設もあるようです。医師、看護師のみならず理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ専門職が常駐しているため、在宅復帰を希望されている方にはおすすめの施設です。

 

一方、薬の服用については、医療保険が適用される薬は一部にかぎられていますので、施設によく確認しておきましょう。

 

介護療養型医療施設

 

介護療養型医療施設(療養病床)は、介護度が重度の高齢者向け施設です。食事や入浴などの日常生活ケアだけでなく、しっかりした医療的ケアを受けることができます。

 

100人の入所者に対し医師が3名常勤しているだけでなく、看護師や介護士も他の施設に比べ多く配置されているため胃ろう、痰の吸引、カテーテルなどの医療的ケアが必要な方には安心です。逆に、生活支援や医療ケア以外の活動(レクリエーションなど)は期待できません。特養が「生活支援」、老健が「リハビリ」ならば、こちらはまさに「医療的療養」を目的とする方に最適といえます。

 

介護医療院

 

介護医療院では、生活支援だけでなく、日常的な医学管理、看取りやターミナルケアを行います。長期的に医療・介護のそれぞれにニーズのある高齢者向け施設です(2024年3月には介護療養型医療施設が廃止予定とされ、国から介護医療院への業態変換を求められています)。

 

また要介護1から入所でき、Ⅰ型とⅡ型にわかれます。Ⅰ型は介護療養型医療施設に相当する重篤な身体疾患を有する人向け、Ⅱ型は介護老人保健施設に相当する比較的容態が安定した人向けとなっています。

 

 

河北 美紀

株式会社アテンド 代表取締役

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

株式会社アテンド 代表取締役 

2013年介護事業を運営する株式会社アテンド代表取締役就任。

母体のデイサービスは、2017年株式会社ツクイ(東証一部上場企業)主催の介護コンテスト横浜会場にて最優秀賞受賞。

8年間父の介護をした経験と、江戸川区介護認定審査会委員を務めた経験をもとに介護保険外サービス『冠婚葬祭付き添いサービス』を拡大。

メディア実績は、厚生労働省老健事業「サービス活用販促ガイド」、週刊ダイアモンド、シルバー新報、東京都「キャリアトライアル65」、経済界など複数。

著者紹介

連載介護のプロが教える「介護費用節約」ノウハウ

身近な人の介護で「損したくない!」と思ったら読む本 介護のプロが教える介護保険120%活用マニュアル

身近な人の介護で「損したくない!」と思ったら読む本 介護のプロが教える介護保険120%活用マニュアル

河北 美紀

実務教育出版

日本における要介護者数は06年で425万人→12年で545万人と、6年で100万人以上増えています。 しかし、これまでの介護本の著者はジャーナリストが多く、現役のプロ介護職や介護事業所経営者が書いた本はほとんどありませんで…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!