なんで治らないの?…良かれとついた哀しいウソ【在宅医が見た医療の現場】 (※画像はイメージです/PIXTA)

本人に病気のことを話すのは可哀想だという家族もいます。もちろん、なかには「何も知らないでぽっくり逝きたい」と言う患者もいますが、身内や家族のあいだで隠し事があると、のちのちの不和の原因になります。それはなぜでしょうか。※本連載は中村明澄著『「在宅死」という選択』(大和書房)より一部を抜粋し、再編集した原稿です。

本人と家族・身内で、隠し事をしてはいけない

■「本人が可哀想」は本当か?

 

本人に病気のことを話すのは可哀想だとおっしゃるご家族もいらっしゃいます。でも本当にそうでしょうか? もちろん、なかには「何も知らないでぽっくり逝きたい」と言う方もいますが、身内や家族のあいだで隠し事があると、のちのちの不和の原因になります。

 

病状の段階の正しい理解をふまえた選択こそが、納得のいく最期につながります。

 

治るのか、治らないのかを知っているかどうかの違いだけでも、ご本人の意思決定は大きく変わるはずです。ご本人が治ると信じていたら、つらくても病院で治療して元気になって帰ってきたいと思うでしょうし、こんな生活が何年もつづくんだったら家にいると迷惑だから入院したほうがいいと判断するかもしれません。

 

でも「治らない」とわかっていれば、選択は違うものになるでしょう。

 

ご本人を心配して病状を伏せておきたくなる気持ちもわかりますが、そのせいで互いに言いたいことが言えないまま最期を迎えてしまうことにもなりかねません。

 

「もうすぐよくなる。よくなったら○×しようね」というごまかしの励ましも悲しいものです。「こんなはずじゃなかった」という後悔をできるだけ残さないためにもご本人とご家族のあいだで、できるだけ隠し事をしないのが鉄則です。

 

隠し事は信頼関係を崩壊させるという。(※写真はイメージです/PIXTA)
隠し事は信頼関係を崩壊させるという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

■隠し事で信頼関係が台無しに

 

ごまかしの励ましは、実際ご本人にも伝わってしまうことが多いです。さらに、「治してもらえると思っているのに、ぜんぜん回復しない」という状況では、医療者との信頼関係も壊れてしまいます。

 

「なんで、治らないの、どうして?」「嘘ついてるの?」と悲しいやりとりが続くことになってしまいます。

 

痛みを緩和する、つらくないように過ごせる治療はできたとしても、元気に動けるように回復していくための治療はなく、少しずつ病気が進んでしまうというときには、きちんとご本人にも伝え、隠さないほうがいいと私は思っています。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】22年1/21(金)開催
不動産経営の法人化による税金対策と事例紹介
賃貸マンション経営オーナのための
緊急「税金対策」セミナー 詳しくはこちら>>>

在宅医療専門医
家庭医療専門医
緩和医療認定医

2000年東京女子医科大学卒業。国立病院機構東京医療センター総合内科、筑波大学附属病院総合診療科を経て、2012年8月より千葉市の在宅医療を担う向日葵ホームクリニックを継承。2017年11月より千葉県八千代市に移転し「向日葵クリニック」として新規開業。訪問看護ステーション「向日葵ナースステーション」、緩和ケアの専門施設「メディカルホームKuKuRu」を併設。緩和ケア・終末期医療に力をいれ、年間100人以上の患者の方の看取りに携わっている。病院、特別支援学校、高齢者の福祉施設などで、ミュージカルの上演をしているNPO法人キャトル・リーフも理事長として運営。著書に『「在宅死」という選択 納得できる最期のために』(大和書房)がある。

著者紹介

連載「在宅死」という選択で自分らしい生き方と逝き方を探る

「在宅死」という選択~納得できる最期のために

「在宅死」という選択~納得できる最期のために

中村 明澄

大和書房

コロナ禍を経て、人と人とのつながり方や死生観について、あらためて考えを巡らせている方も多いでしょう。 実際、病院では面会がほとんどできないため、自宅療養を希望する人が増えているという。 本書は、在宅医が終末期の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧