若者離れ進む「和菓子業界」こそ海外進出すべきだといえるワケ (※画像はイメージです/PIXTA)

新型コロナウイルス感染拡大による経済危機は、多くの企業に打撃を与えています。そんななか、海外の投資家は日本企業に注目しています。今回は海外の投資家や海外の企業と手を結び、世界に進出した事例について紹介します。

日本では厳しい和菓子店もアメリカで復活の可能性アリ

実際、海外でまだ十分にマーケット展開が行われていない日本の商品・技術・サービスのなかには、オニツカのスポーツシューズのように、大ヒットにつながる可能性があるものは少なくありません。

 

一例として、和菓子を取り上げてみます。現在、和菓子店のなかには厳しい経営状況を強いられているところが少なくありません。その背景には、若者の和菓子離れ、いわゆるコンビニ・スイーツの台頭、お歳暮・お中元の習慣の衰退等が挙げられています。

 

そうした状況のなかで、ここ数年、老舗和菓子店倒産のニュースも相次いで伝えられています。たとえば、2020年6月には大阪府大阪市に本拠を置く和菓子製造・販売の「株式会社高砂堂」が自己破産申請の準備に入ったこともマスコミなどで報道されています。

 

同社は、1891(明治24)年に創業され、「名代きんつば」などが知られていました。このように日本では行き詰まりを見せている和菓子ですが、海外からの出資を得て、アメリカに進出することで復活の手掛かりを得ることができるかもしれません。

 

というのは、現在、アメリカでは健康ブームの流れのなかで日本の食文化に対する注目が高まっているからです。洋菓子に使われる生クリームよりも、小豆が原料のあんこのほうがヘルシーなイメージがあるので、アメリカ人に受け入れられ売上が伸びる余地はあるはずです。現地パートナーの協力を得て綿密なマーケティングを行い、現代アメリカ人の志向に合わせたテイストに調整すれば、広く浸透する可能性が十分にあります。

 

また、多方面において日本との親和性の高い台湾への進出も検討する価値があります。今はむしろ台湾スイーツが日本に進出することが多い状況ですが、逆もまた真なりで、日本の和菓子が台湾で市場を開拓する余地がまだまだあるかもしれません。

 

和菓子ではありませんが、少し品質を替えた形で、日本の煎餅が台湾でも人気を集めるようになっています。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

株式会社プレストパートナーズ 代表取締役

公認会計士、税理士、認定経営革新等支援機関。アーサーアンダーセン東京、米国(オハイオ州コロンバス及びシンシナティ)、中華人民共和国(北京)各事務所において、現地法人・銀行支店の監査・コンサルティングに従事。東京での財務アドバイザリー部門立ち上げに参画した後、PWCFAS、KPMGあずさ、アビームM&Aコンサルティング、EY新日本を経て現在に至るまで、投融資に関わるアドバイザーとして、事業分析、デューデリジェンス、事業計画策定、資金繰り、企業価値算定、VC/PEファンド組成・運営・投資、M&A及びPMI助言等、多岐にわたる分野で金融機関や公的機関、VC/PEファンドなど、さまざまな顧客にグローバルな視点から助言を行い、数多くの中小企業の経営改善・構造改革を実現してきた。現在は、クロスボーダーM&A、税務など国境を越えた日本企業のサポートも幅広く手掛けている。

著者紹介

連載活路は「海外」にある!V字回復を実現する「究極の事業再生術」

活路は「海外」にある!V字回復を実現する「究極の事業再生術」

活路は「海外」にある!V字回復を実現する「究極の事業再生術」

中澤 敏和

幻冬舎MC

米中経済戦争、消費税増税、コロナショック…中小企業が令和不況に打ち勝つための処方箋。大手監査法人、外資系コンサルティングファームで多くの企業の財務アドバイザーを歴任してきた“事業再生のエキスパート”が解説。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧