FOMC後、対円では「米ドル高」も対ユーロで「米ドル上げ渋り」のワケ (※画像はイメージです/PIXTA)

FOMC後、米ドル/円は110円台後半まで一段高となりましたが、対ユーロでは米ドルが上げ渋る展開となりました。一体なぜなのでしょうか。FX開始直後から第一線で活動している、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏が考察していきます。

「米ドル/円」と「ユーロ/米ドル」の違い

米金融政策に関心が高まるなかでの2年債利回りとの高い相関関係は、米ドル/円に限ったことではありません。たとえば、ユーロ/米ドルと独米金利差を重ねてみると、6月FOMC前後から、10年債利回り差より2年債利回り差との相関関係が高まるようになったことがわかります(図表5、6参照)。

 

(出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成)
[図表5]ユーロ/米ドルと独米金利差その1 (2021年1月~) (出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成)

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表6]ユーロ/米ドルと独米金利差その2  (2021年1月~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

この関係が今後も続くなら、上述したように、米国の超金融緩和政策の転換を織り込む形で米2年債利回りが上昇するなかで、ユーロ/米ドルも基本的にはユーロ安・米ドル高が広がっていくといった見通しになります。

 

ただ、細かく見ると、先週のFOMC以降、対円は一本調子で米ドル高に向かったにも関わらず、対ユーロでは米ドルが上げ渋る展開となりました。これには、株価の影響もあったでしょう。

 

9月に入り米国株などが大きく下落した局面では、ユーロ/米ドルは米国株価の連動性を強めました。こんなふうに、ユーロ/米ドルは、株価に注目が集まる局面で、株価と順相関(株安=ユーロ安・米ドル高、株高=ユーロ高・米ドル安)の関係が強まることがあります。

 

その意味では、先週のFOMC以降、米国株が急反発に転じたことが、ユーロ/米ドルにおいて米ドルが上げ渋る要因になった可能性があるといえます(図表7参照)。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表7]ユーロ/米ドルとNYダウ (2021年1月~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

 

吉田恒

マネックス証券

チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティFX学長

 

 

※本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は筆者の個人的な見解を示したものであり、筆者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、筆者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

マネックス証券  チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任し、国際金融に関する情報発信の分野で活躍。 機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なっている。 2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務めた。 書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

【動画で解説】吉田 恒の為替ウィークリーセミナー
毎月恒例 米雇用統計セミナー

著者紹介

連載国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧