「料理道具の聖地」に…道具知識をブログに書いて起こった奇蹟 フライパンには鉄製、アルミ製、ステンレス製、銅製、チタン製など素材だけでもさまざまな種類があるという。

「1個在庫、多品種展示」のため、仕入れた道具はすべて使って、とことん試してみた。たくさんの料理道具を試すほどに、一つひとつの商品が持つ個性が際立って見えてきた。それをブログに書き始めたところ、奇蹟が起こった。※本連載は飯田結太氏の著書『浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟』(プレジデント社)を抜粋し、再編集したものです。

フライパン100記事を書いて奇蹟が起きた

フライパンのネタだけで100記事ほどを発信したころ、藤村さんが言っていた〝奇蹟〞が起きました。「日経トレンディネット」という情報サイトから、「記事を書いてみませんか?」と声がかかったのです。

 

年末は料理道具を新調して新年を迎えたいというニーズもあり、フライパンの需要が高まります。そこで、フライパンの記事を書いてほしいというのです。今まで実際に試して比較してきた内容を、ここはチャンスとばかりに気合を入れて記事に書きました。

 

すると、奇蹟はさらに続きます。記事が話題となり、日本全国に拡散されていったのです。ものすごく評判がよかったそうで、今度は「料理道具の連載記事を毎月書きませんか?」と、さらに次のチャンスをいただけたのです。

 

〈合羽橋「台所番長」が斬る〉というタイトルで、さまざまな料理道具を徹底的に比較した連載記事を書きました。テーマを決めると、さらに新しい商品を仕入れて使い比べたりもしました。

 

今までの知識に加えて、メディアで発表させてもらえる機会を与えられてさらに多くの知識を身につけられたことで、より多くの人に役に立つ情報をお伝えしたいという気持ちが強くなっていくのでした。

 

フライパンのネタだけで100記事ほどを発信したころ奇蹟が起きたという。
フライパンのネタだけで100記事ほどを発信したころ奇蹟が起きたという。

 

■ついに「料理道具の聖地」へ

 

連載記事では、「季節の便利グッズを紹介してほしい」と依頼されることもありました。そんなとき、知識が足りない分野はそれを補うように商品を仕入れ、使ってみてはさっそく記事に書き、よかった商品は仕入れて売場に反映させていきました。

 

店で接客のために調べたり、自分で使って得た知識は連載記事で役立ち、連載記事のために調べた知識は逆に接客の際に価値を発揮したのです。

 

料理道具の知識や仕入れノウハウは本来、それぞれの料理道具店に蓄えられた門外不出の情報です。だから、今までにその情報を公開する店はありませんでした。

 

ならば飯田屋は違う道を行きます。

 

飯田屋独自に蓄えていた料理道具の選び方や仕入れノウハウ、世間で人気を博している道具のいい点はもちろん、道具屋目線で使いにくいポイントなど、料理道具に関するあらゆる知識をすべて無料で配信したのです。

株式会社飯田代表取締役社長

大正元年(1912年)に東京・かっぱ橋で創業の老舗料理道具専門店「飯田屋」6代目。料理道具をこよなく愛する料理道具の申し子。TBS「マツコの知らない世界」やNHK「あさイチ」、日本テレビ「ヒルナンデス!」など多数のメディアで道具を伝える料理道具の伝道師としても活躍。自身が仕入れを行う道具は必ず前もって使ってみるという絶対的なポリシーを持ち、日々世界中の料理人を喜ばせるために活動している。監修書に『人生が変わる料理道具』(枻出版社)。2018年、東京商工会議所「第16回 勇気ある経営大賞」優秀賞受賞。

著者紹介

連載浅草かっぱ橋商店街で営業方針は「売るな」で大繁盛

浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟

浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟

飯田 結太

プレジデント社

効率度外視の「売らない」経営が廃業寸前の老舗を人気店に変えた。 ノルマなし。売上目標なし。営業方針はまさかの「売るな」──型破りの経営で店舗の売上は急拡大、ECサイトもアマゾンをしのぐ販売数を達成。 廃業の危機に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧