買い方・組み合わせ方次第でメリットも…「ハイリスク投資商品」の意外なおもしろさ ※写真はイメージです/PIXTA

投資商品を選ぶにあたり、多くの方は「ハイリスクな商品は避けたい・避けるべき」と考えているのではないでしょうか。しかしハイリスクな商品も、お小遣いの範囲に限定するなら、遊び感覚で結構楽しむことができます。むやみに敬遠するのではなく、どのような方法があるのか、ちょっと見てみましょう。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

【関連記事】不動産投資「やめとけ」の真相…リスクを知らずに失敗する人、不動産投資を始めて成功する人の決定的な差

リスクの高い投資が「確率的に儲かりやすい」ワケ

投資といってもさまざまで、リスクの高いものと低いものがあります。たとえば、大企業の株とくらべると、新興IT企業の株を買うほうがリスクは高いでしょう。しかし、夢もありますから、どちらがいいとはいえません。

 

高金利通貨、たとえばトルコの国債を買えば、高い金利がもらえますが、トルコリラが暴落したりトルコ政府が破産したりして酷い目に遭うリスクも大きそうですから、これもどちらがいいとはいえません。

 

ただ、リスクの高い投資は確率的に儲かりやすい、ということはいえそうです。それは、人々が臆病(慎重)だからです。確率5割で100円儲かるか100円損するかの賭けは、確率的にはゼロです。これを「期待値がゼロだ」といいます。

 

世の中には賭け事の好きな人もいて、カジノなどにはそうした賭けを楽しむ人が大勢いますが、株式市場等の投資家たちの多くは臆病なので、賭け事が好きではないのです。

 

そこで、110円儲かるか100円損するか、という賭けならやってもいいが、100円儲かるか100円損するか、という賭けはやりたくない、という人が多いわけです。

 

そうなると、筆者が少しだけ大胆ならば(臆病度合いが投資家の平均よりも少しだけ小さいならば)、109円儲かるか100円損するか、という賭けをすることは容易なのです。

米国人には安全資産の米国債も、日本人にとっては…

リスクのある投資のなかでも、リスクの高い投資はさらに儲かりやすいといえるでしょう。それは、「確率5割で、2%値上がりするか、1%値下がりするか」という賭けなら挑戦する人でも、「財産が3倍に増えるか、ゼロになるか(200%値上がりするか100%値下がりするか)」という賭けには挑戦しないからです。

 

ハイリスク・ハイリターンという言葉は、「リスクの大きな投資は確率的には儲かる可能性も大きい」という意味に使われることが多いですが、それは人々が臆病だからなのですね。

 

もっとも「だれにとってのリスクなのか」という視点も持っておきたいものです。米国人にとって米国債は為替リスクがないので安全な資産でしょうが、日本人にとっては為替リスクがある危険な資産です。

 

そうなると、米国人にとってトルコ国債は、大きな為替リスクがあるので非常に高い金利でないと買いたくないということになりますが、日本人にとっては、米国債より少しだけ為替リスクが大きいけれども、米国債よりも大幅に金利が高いならば投資してみようか、ということになるかもしれないわけです。

 

あるいは、輸出企業に勤めている人は、円高になるとボーナスが減るので、輸出企業の株を買って円高時に値下がりするのは耐えられないかもしれませんが、輸入品販売業の人は円高になると儲かるので、持っている輸出企業の株が値下がりしても気にならないかもしれません。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載老後資金の不安を解消!経済評論家・塚崎公義氏の「資産管理・資産形成術」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ