「がん罹患率が増えているから、がん保険がお勧め」との理屈は正しいか?【自己責任時代の資産管理術】 ※写真はイメージです/PIXTA

日本人は貯金だけでなく、保険の加入も大好きです。しかし、保険は「まれに起こる不幸」を対象にしたもの。もちろん加入が必要なケースはありますが、「勧められた」「なんとなく安心だから」等、目的が不明瞭なまま加入すると、不必要な支出を続けることになりかねません。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

【関連記事】不動産投資「やめとけ」の真相…リスクを知らずに失敗する人、不動産投資を始めて成功する人の決定的な差

「なんか安心だし…」ついつい加入してしまう保険だが

日本人の金融資産は、株が少なく銀行預金と保険が主となっています。日本人は貯金だけでなく、保険も大好きなのです。

 

保険は最悪の事態を避ける手段として重要ですから、保険への加入が悪いなどというつもりは毛頭ありません。

 

たとえば、専業主婦と乳飲み子を養っている若手男性は、自分に万が一のことがあったら遺された妻子が悲惨な目に遭ってしまいますから、生命保険に入る必要があるでしょう。車を運転する人は、誤って人身事故を起こしては大変ですから、やはり保険に入る必要があるでしょう。

 

しかし「なんとなく安心だから」という理由だけで保険に加入している人も多いようです。じつは、これは問題なのです。なぜなら保険は「確率的には損な取引」だからです。

 

客が払った保険料のなかから保険会社のコストと利益が出ていることを考えれば当然なのですが、保険会社の客全体の利益はマイナスなのです。客は全体として損をしているわけです。

 

ということは、個々の客についても確率的には損をしていることになります。これを「期待値がマイナス」といいます。それでも保険に入るのは、確率的には損だとわかっていても「悲惨な目に会うのを避けられるなら、やむを得ない」と考えるからなのです。

独身者と高齢者の場合、基本的に「生命保険不要」

独身の新入社員に対して「一人前の大人になったのだから、生命保険くらい加入しないと」といった勧誘をする人がいるようですが、べつに一人前の大人は生命保険に入るという決まりがあるわけではありません(笑)。

 

むしろ独身の新入社員は、生命保険に入る必要がないのが普通です。なぜなら、彼(彼女)に万が一のことがあっても、悲しむ人はいるでしょうが、金銭面で路頭に迷う人はまずいないからです。老親を養っている新入社員等についてはこの限りにありませんが。

 

定年退職した元サラリーマン(サラリーウーマンや公務員等を含む、以下同様)も、生命保険の必要はありませんね。彼(彼女)はすでに退職金を受け取っていますから、万が一のことがあっても配偶者は退職金を遺産として受け取れるでしょう。場合によっては遺族年金が受け取れるようになるかもしれません。

 

愛する配偶者のために、定年退職後も生命保険料を払い続けているサラリーマンは素晴らしいですが、それなら生命保険をやめて保険料と同額を預金しておいたほうが配偶者のためだと思いますよ(笑)。

 

夫婦ともに正社員で子どもがいない場合や、子どもがある程度の年齢になっている場合には、生命保険は不要でしょう。それぞれに万が一のことがあっても、遺された家族は自分たちでなんとか食べていけるでしょうから。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載老後資金の不安を解消!経済評論家・塚崎公義氏の「資産管理・資産形成術」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ