老後「みじめになる人・ならない人」を分ける資産形成の選択肢 ※写真はイメージです/PIXTA

だれでも老後は安心して暮らしたいもの。しかし、老後資産を作るために一攫千金を狙ったり、短期間で結果を出そうと焦ったりすれば、元手の資金まで失うリスクが高く、お勧めできません。しかし、元本保証に固執して銀行預金を積み上げても、インフレが来れば資産価値が減ってしまいますから、元も子もありません。では、どんな方法がいいのでしょうか? 経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

【関連記事】不動産投資「やめとけ」の真相…リスクを知らずに失敗する人、不動産投資を始めて成功する人の決定的な差

資産運用は、悲惨な老後を回避する保守的な手段

老後資金を資産運用する、という人は多いのですが、その目的はなんでしょうか。資産運用で大いに儲けて豊かな老後を過ごそうと考えるのか、老後は悲惨な目に遭いたくないから安全運転を目指そうと考えるか、いずれかですね。

 

資産運用で大いに儲け、リッチな老後を目指そうと考える人も多いでしょうが、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」とのことわざにもあるように、儲けるにはリスクをとる必要があります。リスクをとって運用して儲かればいいですが、失敗して大きな損失を被ると、悲惨な老後を送ることにもなりかねません。

 

筆者はむしろ、資産運用は悲惨な老後を避けるための保守的な手段だと考えています。それならば老後資産は全額を銀行預金で持てばいい、と考える人も多いでしょうが、銀行預金はインフレが来たときに目減りしてしまう「リスク資産」なのです。

 

投資初心者の具体的な資産運用の方法としては、現役時代は株式等を毎月購入して老後は毎月売却する、といった方法がお勧めです。貯める期間も取り崩す期間も長いので、「買ったときが運悪く高いときで、売ったときが安いときだ」という不運を避けることができるからです。

 

なお、住宅資金や教育資金のために資産運用をする人もいるでしょうが、運用期間が短いうえに、資金が一度に必要になるので、株式投資をするのは少し怖いですね。資金が必要なときに運悪く株価が安くなっていると困りますから。というわけで、住宅資金や教育資金は運用というより貯蓄を考えればよいように思います。

分散投資で「みじめな思いをするリスク」を減らす

悲惨な目に遭うリスクを減らすためには、分散投資をすることが肝要です。いろいろな資産を少しずつ持っておけば、どれかひとつが酷いことになっても、資産全体が悲惨になる可能性は小さいからです。

 

投資の世界では「すべての卵をひとつの籠に入れてはいけない」といわれています。その籠を落としたら、卵を使った料理が一切作れなくなってしまいます。

 

しかし、籠を2つに分けておけば、どちらかひとつを落としても、なんらかの卵料理は作れます。卵の量が半分になったとしても、食べた人の満足度は半分までは落ちないでしょう。

 

この場合に気をつけなくてはいけないのは、食べられる卵の数の期待値は、籠を分けても分けなくても同じだということです。「卵が半分しか食べられなくて悲しい思いをする確率」は、籠を分けると2倍弱になり、「卵がまったく食べられない確率」もゼロにはならないからです。

 

しかし、満足度の期待値は大きくなっているはずです。卵が全部食べられる大満足の確率は減っていますが、「卵がひとつもないというみじめな思いをする確率」が減っているからです。

 

同様に、分散投資をしても、大儲けをする確率が減り、大損する確率が減るので、損得の期待値は変わりませんが、「みじめな思いをするリスク」が減るので分散投資がお勧めだ、というわけですね。

 

ちなみに、投資の教科書には「大儲けするか、大損するかわからない状態」をリスクが高い、「大儲けもしないが、大損もしそうにない状態」をリスクが低い、と呼び、リスクは低いほうが望ましい、と書いてあります。

 

一般的な用語のリスクとは意味が異なりますが、要するに「大損して破産して橋の下に住むのは嫌だから、そのリスクが小さい方が好ましい」ということだ、と理解しておきましょう。

 

\\1/22開催//
【賃料6~8%保証&物件維持費ゼロ!】
カンボジア・プノンペン「ローカルマーケット投資」の全貌

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載老後資金の不安を解消!経済評論家・塚崎公義氏の「資産管理・資産形成術」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧