現役サラリーマン世代「持ち家で安心 vs.借家で身軽」老後生活に有利なほうは? ※写真はイメージです/PIXTA

長年にわたって議論されてきた「住宅を購入するべきか、それとも賃貸にするべきか」問題。双方に多くのメリット・デメリットがあり、結論は見えません。しかし一方、私たちが暮らす社会は大きな変化を遂げています。少子高齢化、頻発する自然災害、インフレリスク…。それらを考えたうえで、これから老後を迎える世代の選択肢について、経済評論家の塚崎公義氏が考察・提案します。

【関連記事】不動産投資「やめとけ」の真相…リスクを知らずに失敗する人、不動産投資を始めて成功する人の決定的な差

就労世代の「持ち家 vs. 借家」論争は尽きないが…

現役時代に借家に住むべきか持ち家に住むべきか、という議論は専門家のあいだでも盛んに行われていますが、議論が盛んに行われているということは、どちらも一長一短である、ということですね(笑)。

 

いまは住宅ローンの金利が低いので、家賃並みの毎月支払額で家が持てる、といった宣伝も見かけるほどです。実際にはもう少し必要なのでしょうが、それにしても家賃を払い続けるよりは買ってしまうという選択肢は魅力的ですね。

 

一方で、現役時代は仕事が変わったり、職場が変わったり、子どもができたり巣立ったり、いろいろな変化があり得るので、借家でもいいのかもしれません。人口が減少しつつある地域ではとくに、不動産価格が下落するリスクも大きいですから。

 

というわけで一長一短なのですが、それでも筆者は、原則として若いときに家を買うべきだと考えています。理由のひとつは、老後は後述するように持ち家に住むべきだからです。理由のもうひとつは、これも後述するように、自宅購入資金を退職時までに貯めるのは容易ではないからです。

老後の借家暮らしは「長生き&インフレリスク」を増幅

老後資金を考える際の最大のリスクは、長生きをしているあいだにインフレが来て、現役時代に蓄えた老後資金が底を突いてしまうことです。

 

平均寿命は医学の進歩で延びていますが、それ以上に長生きする可能性も十分あります。本来、長生きは大変おめでたいことですが、老後資金についてのみ考えるなら「長生き=リスク」なのです。少しずつ老後資金を取り崩していくと、途中で底を突く可能性があるからです。そこにインフレになったら大変です。銀行預金は利子がほぼゼロなのに、毎月の取崩額は増えていくわけですから。

 

インフレが来ないと思っている人も多いでしょうが、そんなことはありません。少子高齢化で労働力不足になれば、賃金が上昇します。それがインフレを招くかもしれません。もし大地震が来て復興資材の値段が高騰すれば、輸入代金の支払いでドルが高くなります。そうなれば、輸入物価が高騰するかもしれません。

 

長生きとインフレのリスクについては、拙稿『老後不安を抱える人が「長生きリスク・預貯金不足」を乗り切る実践的で具体的な方法』を併せてご参照下さい。

 

このように、生活費のことだけを考えても長生きとインフレがリスクなのに、それに家賃が上乗せされたら大変です。

 

老後に借家住まいをしていると、ずっと家賃を払い続けなければなりません。長生きしているあいだにインフレが来て家賃が値上がりしていくようなことがあると、事態は深刻です。

 

生活費だけでも長生きとインフレによって老後資金が枯渇しかねないのに、それに上乗せされる家賃まで、長生きとインフレによって膨れ上がるのですから。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載老後資金の不安を解消!経済評論家・塚崎公義氏の「資産管理・資産形成術」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!