教育 受験教育
連載 【中学受験】合格する理科の授業【第5回】

有名中学受験:理科「食後、もっとも養分の多い血液が流れている血管の名前を答えよ」

理科生物血液

有名中学受験:理科「食後、もっとも養分の多い血液が流れている血管の名前を答えよ」 ※画像はイメージです/PIXTA

わが子を難関私立中学に進学させたい親は、合格のためにどの程度の知識が求められるか、自身で体感してみることも有益です。ここでは科目を理科に絞り、中学受験に必要な学習内容とその難易度を、有名塾の講師が作成した参考書をもとに紹介します。今回は生物の「血液の循環」です。※本記事は、『中学受験「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する理科の授業 生物・物理編』(実務教育出版)から抜粋・再編集したものです。

「血液の流れ」「血管の名前」を覚える練習をしよう!

ここからが今回で一番大切なところです。

 

図表4は、血液がどのように全身を流れているのかを模式的に表したもので、心臓の各部屋にはA~D、血管には①~⑨の番号がふってあります。

 

[図表4]

 

心臓からの血液の流れをたどってみると、Cの部屋からスタートして肺を通り、Bの部屋へと戻ってくる流れと、Dの部屋からスタートして全身を通り、Aの部屋へと戻ってくる流れの二つがあることに気がつきます。前者が肺循環(はいじゅんかん)、後者が体循環(たいじゅんかん)です。

 

肺循環は1本道なので、心臓から離れて肺へ向かう血管①は肺動脈(はいどうみゃく)、肺から心臓へ戻ってくる血管②が肺静脈(はいじょうみゃく)です。

 

体の各部を通る体循環には、たくさんの道があります。

 

まず、心臓から離れてすぐ通る血管④が大動脈(だいどうみゃく)です。

 

大動脈は各部へ向かうために分岐しますが、分岐した先は名前が変わります。たとえば⑥は肝臓に向かうので肝動脈(かんどうみゃく)、⑨は腎臓(じんぞう)へ向かうので腎動脈(じんどうみゃく)です。腎臓を過ぎたあとは心臓へ戻るので⑧は腎静脈(じんじょうみゃく)、いろんな静脈が合流して、最終的に心臓へ戻っていく③は大静脈(だいじょうみゃく)です。

 

 

血管の名前のつけ方のルールがわかっていれば、そんなに難しくはありませんね。

 

唯一の例外は門脈。小腸で吸収した栄養を肝臓に送る血管が門脈です。

 

矢印の向きにしたがいながら、「あ、いまはDだから、えーとここは左心室だな」、次は「④にきたぞ。えーと心臓から離れていっているな。ということは、ここは大動脈だ」というように確認しながら、何周も何周も全身をめぐってください。この作業を何度も行うことが、今回の学習で一番大切です。

 

同時に、各部を通るとき、たとえばDの部屋なら、「いまから全身をめぐるから、ここは筋肉の壁が一番厚いところだ」というように特徴(とくちょう)を意識しながらできれば完璧です!

 

それ以外で意識してほしいのは、下の5個です。

 

●もっとも酸素の多い血液が流れている血管の名前

●もっとも二酸化炭素の多い血液が流れている血管の名前

●もっとも不要物の少ない血液が流れている血管の名前

●食後、もっとも養分の多い血液が流れている血管の名前

●普段(ふだん)、もっとも養分の多い血液が流れている血管の名前

 

酸素と二酸化炭素は肺で交換(こうかん)されますから、酸素がもっとも多いのは、交換(こうかん)が終わったばかりの②(肺静脈)

 

逆に、二酸化炭素がもっとも多いのは、肺に戻る直前です。だから①(肺動脈)になります。

 

もっとも不要物の少ないのは、腎臓を過ぎた⑧(腎静脈)。腎臓は、尿素(にょうそ)をこし取って尿(にょう)をつくるところです。

 

食後に一番養分が多いのは、⑦(門脈)。小腸(しょうちょう)で吸収した栄養は、門脈を通って肝臓に送られています。

 

肝臓では、送られてきた養分をグリコーゲンとして蓄えます。普段はその蓄えたものを、少しずつ血液に流しているのです。

 

だから、普段、もっとも養分が多いのは、⑤(肝静脈)になります。

 

このことを意識しながら、全身をめぐる作業を何度も繰り返してから、心臓の図が書いてあったページに戻ってみてください。

 

最初見たときには、「こんなの覚えられるはずがない」と思った図が、さっきより頭に入ってくるのではないかな?

 

心臓の図を見て、血液の流れや、各血管の名前がパッと頭に思い浮かぶようになったら、この練習は完了です。

 

まだいくつか話していないことがあるので、この項目は次回に続きます。

 

 

立木 秀知
中学受験専門塾ジーニアス

 

中学受験専門塾ジーニアス 

東京都出身。中学受験を経て早稲田実業学校中等部、高等部卒。早稲田大学卒業後、中学受験専門塾ジーニアスの設立メンバーとして参画。講師、生徒、保護者から理科のスペシャリストとして信頼が厚い。「疑問を持った時に頭は回転する」をモットーに、「なぜそうなるのか?」という根幹から考えることで暗記量を抑え、初見の問題にも対応できる現場思考力を養う授業を展開している。

著者紹介

連載 【中学受験】合格する理科の授業

中学受験「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する理科の授業 生物・物理編

中学受験「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する理科の授業 生物・物理編

立木 秀知

実務教育出版

最近街を歩いている時に、「なんでタンポポにはたくさん花びらがあるの?」と保護者の方に問う子どもの声を耳にしたが、通りすがりのことだったので、残念ながら会話はそこまでしか聞けなかった。 さて、私は理科の学習の本…

中学受験「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する理科の授業 地学・化学編

中学受験「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する理科の授業 地学・化学編

立木 秀知

実務教育出版

雨が降れば傘を差し、服が汚れれば洗濯をする。 では、なぜ雨は降るのか。 そして、なぜ洗剤で洗濯をすると、服はきれいになるのか。 本書を執筆するにあたって、まず意識したのは、この「なぜ」という部分だ。 単純な…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧