日本の海水浴は最初、「医療目的」で行われた…大磯が発祥の地 (※画像はイメージです/PIXTA)

現代では、海水浴は夏のレジャーとして定着していますが、海水浴が始まった当初は、医療のために海に浸かっていました。どうして海水浴が医療に役立つのでしょうか。そもそも、日本で海水浴が始まったのは、いつ頃なのでしょうか。今回は日本初の海水浴について解説します。

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー
 
【期間限定/参加特典付】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー

海水を利用した治療法

日本の海水浴のルーツは、海水を利用した治療法、「潮湯治(しおとうじ)」にあります。現代のような海水浴が普及するずっと前から、海水に体を浸して病気を治す潮湯治が行われていました。平安時代に、すでに潮湯治を詠んだとみられる歌が残っていますから、かなり古くから行われていたのでしょう。潮湯治は江戸時代にも盛んだったようで、多くの人が海岸に行って、海水に浸かって病気を治していました。

 

潮湯治は皮膚病のほか、神経痛や老廃物の除去にも効果があり、今でいうデトックス効果があったようです。つまり、潮湯治には温泉と同じような効果があったのですが、温泉と違って海辺の近くに住んでいれば、いつでも潮湯治が可能でした。そのため、潮湯治は各地で行われていたようです。このように、海水に体を浸す行為は、一見すると海水浴に見えなくもありませんが、現代でいう海水浴とは、まったく違った別物と言っていいでしょう。

日本初の海水浴場

日本初の海水浴場は、1885年に医療を目的として、神奈川県の大磯に開設されました。開設したのは、医師で政治家の松本順(まつもとじゅん)でした。松本順は、オランダの医学書で海水浴の治療効果を知り、長崎の蘭医ポンぺの協力により、日本初の海水浴場を作ったのです。明治時代に、初代陸軍軍医総監となった松本順は、「海水浴法概説」という著書も出版しており、医療目的の海水浴場を、各地に開設しようとしました。

 

それまで、潮湯治という形で、小規模な海水による治療は行われていましたが、本格的な医療を目的とした海水浴場は、まだどこにもありませんでした。ちなみに、大磯海水浴場には、治療目的で訪れる人たちのために、「祷龍館」という旅館も併設されていました。ちょうど湯治場に旅館があるようなものですが、海水浴場と旅館があれば、現代の海水浴場とほとんど同じです。松本順が海水浴場を開設して以来、大磯は「海水浴場発祥の地」と呼ばれ、現在も多くの海水浴客が訪れています。

松本順とは

松本順(良順)は、天保3年(1832)6月16日、江戸麻布(東京都港区)に生まれました。1866年、幕府軍の長州征伐の際に、大坂城で倒れた徳川家茂を治療し、最期を看取っています。幕府の海陸軍軍医制を編成したり、戊辰戦争では会津城内に野戦病院を作るなど、医療活動を行いました。しかし、会津藩に加担したとして、維新後新政府に捕らえられ、投獄されて一時禁固の身となってしまいました。

 

また、松本順は新選組とも交流があり、近藤勇や土方歳三とも親しかったため、2人の没後、新選組2番隊長だった永倉新八の要請を受けて、供養塔を建てています。明治21年(1888)、柏崎を訪れた松本順は、この地に海水浴場を開きます。柏崎は日本海側で、初の海水浴場となりました。その後北陸鉄道が開通すると、周辺にホテルや旅館が建って、柏崎に多くの海水浴客が訪れるようになりました。牛乳を飲むことと、海水浴を日本に定着させた松本順は、明治40年(1907)3月12日に、76歳で亡くなりました。

最初の水着はシマウマ模様だった

大磯海水浴場は、新聞広告を打ったおかげで人気となり、多くの人が訪れるようになります。当初は医療目的の人が多かったものの、しだいにレジャーとして、海水浴を楽しむ人が増えました。ちょうど鉄道が整備される時期と重なったこともあり、こののち全国に海水浴場が作られていきます。当時、海水浴を楽しむ男性はふんどしを着用し、女性は腰巻きや水着をつけていました。しかし、当時の水着は現代のように露出部分はほとんどなく、洋服を着ているような恰好でした。

 

明治中期以降になると、ワンピースタイプの、シマウマ模様の水着を着る女性が増えました。その後、女性の水着はカラフルになり、露出部分が多くなっていきます。現代の海水浴には潮湯治の面影はまったくなく、レジャーとしての海水浴がすっかり定着しています。そのきっかけとなったのは、日本に住んでいる外国人が、医療とは関係なく、自由に海水浴を楽しむ姿が目撃されたことが、大きかったようです。医療目的ではなく、純粋にレジャーとして、海水浴を楽しもうというムードが、日本人の間にも徐々に高まっていったのです。

近代まで海水浴が普及しなかった理由

ヨーロッパでは、18世紀頃から海水浴が行われていました。それに比べ、日本は島国で四方を海に囲まれているのに、レジャーとしての海水浴が、近代までなかったのは不思議なことです。しかし、これには、日本ならではの事情がありました。日本では、海は神聖な場所とみられていたので、レジャーとして海に入ることはなかったのです。

 

今でもお祭りなどで、神輿をかついで海に入ることがありますが、このように海は、「穢れを祓う」特別な場所だったので、海で遊ぶという発想はありませんでした。このように、日本では海を神聖な場所と考えていたので、レジャーとは結び付かなかったのでしょう。
 

 

 

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー
 
【期間限定/参加特典付】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー

1955年宮崎県生まれ。明治学院大学文学部英文学科卒業。システムエンジニア歴25年。フリーライター歴15年。初期の頃は雑誌など紙媒体を中心に、現在はWeb記事を中心に執筆。執筆記事数は7000本を超える。
サブカルチャー、ムック本などのほか、時事ニュースやコラム記事の執筆もある。歴史が好きで、幕末史に独自の見解を持つ。大正時代、昭和初期の歴史にも興味があり、誰も書かなかった近代史を書きたいとの構想がある。
著書:
鹿児島あるある(TOブックス)
勝手に現代風にアレンジしたことわざ辞典(三交社)

著者紹介

連載医師のためのお役立ち情報

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧