ワクチンの歴史…人類はウイルスとの戦いに「負け続けてきた」 (※画像はイメージです/PIXTA)

病原体が人の体の中に入ると、さまざまな病気を引き起こし、最悪の場合死ぬこともあります。しかし、人体には一度入ってきた病原体が再び入っても、病気にならない仕組みがあります。これが「免疫」というもので、この仕組みを利用して、病気を予防するのがワクチンです。

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー
 
【期間限定/参加特典付】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー

ワクチンとは

ワクチンは、病原体の毒性を弱めたものを注射して免疫を作り、本当にその病原体が体内に入ってきた場合に、発病しないようにしたり、発病しても重症化しないようにするものです。ただし、ワクチンを接種すれば、必ず効果があるわけではありません。身近な例として、インフルエンザのワクチンがありますが、インフルエンザワクチンを接種しても、インフルエンザを発症するケースがあることは、多くの方がご存じでしょう。

ワクチンの歴史

初めてワクチンを作ったのは、イギリスの開業医エドワード・ジェンナーでした。1798年、ジェンナーは牛の天然痘である牛痘から、天然痘のワクチンを作りました。その後、フランスのパスツールが、病原体の毒性を弱めてワクチンを作る方法を考案し、これ以後同じ手法で、ワクチンが作られるようになりました。

 

天然痘のワクチンは世界で接種され、1980年にWHOから、天然痘の根絶宣言が出されたのです。これがワクチンによる、感染症根絶の第一号となりました。現在、ポリオも根絶の一歩手前まできていますが、まだ根絶宣言は出ていません。このように、感染症の根絶宣言がほとんどないことからも、いかに感染症が手ごわいかがわかります。

ワクチンの種類

ワクチンには、大きく分けて3つの種類があります。

生ワクチン

生きたウイルスの毒性を弱めたワクチンで、病原体をそのまま使用するのが特徴です。毒性を弱められた病原体が体内で増殖し、軽い症状が出るために、発熱したり発疹が出る場合があります。実際に病原体が増殖して弱い毒性を出すため、自然感染に近い状態で免疫をつけられるのが特徴です。生ワクチンは高い効果が得られる反面、ごくまれに重篤な副反応が出るなど、リスクもあります。

不活性ワクチン

培養したワクチンの病原体を加熱処理したり、フェノール添加、ホルマリン処理、紫外線照射などによって、無害化したものです。安全性の高いワクチンですが、生ワクチンほどの効果はありません。そのため、一定の効果を得るためには、複数回接種する必要があります。

トキソイド

病原体そのものではなく、病原体から出る毒素だけを抽出して、ホルマリン処理を行い、無害化したワクチンです。不活性ワクチンと同様に、生ワクチンほどの効果はないので、一定の効果を得るためには、複数回接種する必要があります。

ワクチンの安全性と副反応

ワクチン接種後に起こる、好ましくない症状を副反応と呼びます。多くの場合、副反応といっても、接種部分の腫れや軽い痛み、微熱程度で収まることが多いのですが、ごくまれに重篤な副反応が起こる場合もあります。

 

副反応のうち、接種後すぐに現れるアレルギー反応が、アナフィラキシーです。アナフィラキシーは、接種後1時間以内に症状が出ることが多く、ごくまれに重症化することもあります。このように、ワクチンには多少のリスクがつきものです。ワクチンは病原体の毒性を弱めたものなので、リスクを完全に除去することは不可能です。しかし、ほとんどの場合、問題になるほどの副反応はないので、接種しないために発症するリスクと、副反応を天秤にかけて、どちらがベターか判断する必要があります。

ワクチンで防げる病気

日本でワクチンを接種して防げる病気というと、まず「はしか」が挙げられるでしょう。また、インフルエンザや水痘、風疹、日本脳炎、ポリオ、百日咳、破傷風なども、ワクチンを接種することによって予防することができます。

 

中でも、インフルエンザは毎年冬になると流行するので、多くの人が摂取するワクチンの1つです。日本は他の先進国に比べると、ワクチンの接種率が低くなっています。ワクチンの接種率が低いのは、予防接種の必要性と安全性が、きちんとアナウンスされていないことが原因です。

定期接種と任意接種

日本の予防接種には、定期接種と任意接種があります。定期接種は、国や自治体が接種をすすめるものです。法律により、定められた年齢になると、無料で接種されます。任意接種は、接種するかどうか、本人が決めることができます。定期接種に比べ、任意接種は受けなくてもいいように思えます。しかし、おたふくかぜは任意接種に含まれるものの、他の先進国では定期接種に分類されているので、接種が推奨されるワクチンです。

 

おたふくかぜにかかると、千人に1人の割合で難聴になるため、決してあなどれない病気です。人類の歴史は、ウイルスとの戦いの歴史とも言われます。これまで、人類はその戦いに負け続けてきたと言っても、過言ではありません。しかし、ワクチン接種という技術を会得したことによって、ウイルスと互角に戦えるようになってきたのも事実です。今後、ワクチンの技術はさらに進み、多くの感染症が根絶されることでしょう。

新型コロナとワクチン

新型コロナ感染拡大に伴い、mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンや、ウイルスベクターワクチンが開発されました。mRNAワクチンは、従来のワクチンとは違って、ウイルスの蛋白質に関する、mRNAという遺伝情報の一部を注射します。すると、人体の中で遺伝情報をもとに、ウイルスの蛋白質の一部である、スパイク蛋白質が産生され、それに対する中和抗体ができることによって、新型コロナウイルスに対抗しようというものです。

 

ウイルスベクターワクチンは、新型コロナウイルスの、スパイク蛋白質のアミノ酸配列を持つ遺伝子を、サルアデノウイルスに組み込んだものです。ウイルスベクターワクチンを接種すると、この遺伝子をもとに、体内でスパイク蛋白質が産生され、それに対する中和抗体が作られることによって、新型コロナウイルスの感染を予防することが期待できます。
 

 

 

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー
 
【期間限定/参加特典付】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー

1955年宮崎県生まれ。明治学院大学文学部英文学科卒業。システムエンジニア歴25年。フリーライター歴15年。初期の頃は雑誌など紙媒体を中心に、現在はWeb記事を中心に執筆。執筆記事数は7000本を超える。
サブカルチャー、ムック本などのほか、時事ニュースやコラム記事の執筆もある。歴史が好きで、幕末史に独自の見解を持つ。大正時代、昭和初期の歴史にも興味があり、誰も書かなかった近代史を書きたいとの構想がある。
著書:
鹿児島あるある(TOブックス)
勝手に現代風にアレンジしたことわざ辞典(三交社)

著者紹介

連載医師のためのお役立ち情報

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧