「内縁の妻へ財産を」に2人の娘は…遺言書が招く相続トラブル【行政書士が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

妻に先立たれた後、ある女性と20年以上、夫婦同然の生活をしていた丙野春夫さん。財産を、前妻との間の2人の子供へ相続、内縁の妻へ遺贈する遺言書を作成しましたが、そこには重大な漏れがありました。遺言書を作成する際の注意点を、行政書士の山田和美氏が解説します。※本連載は、書籍『「きちんとした、もめない遺言書」の書き方・のこし方』(日本実業出版社)より一部を抜粋・再編集したものです。

「遺言執行者についての予備的な記載」方法

さらに、遺言執行者についても予備的な記載を入れておくと安心です。たとえば次のような内容です。

 

* * * * *

前項記載の遺言執行者が、この遺言の執行完了前に死亡し、又はその職務の執行が不能となったときは、遺言者は、本遺言の執行者として甲野太郎を指定する。

* * * * *

 

なお、遺言執行者の人数には制限がないため、例のように優先順位をつけた記載でもよいですし、同時に2〜3人等の執行者を選任することも可能です。

 

ただ、その場合に特段の記載がなければ1つの行為をするために毎回執行者過半数の同意が必要になり、かえって手続きが煩雑になる恐れがあります。そうならないために、複数の遺言執行者を選任する場合は、順位をつけるか、「各遺言執行者は単独でその職務を行なうことができる」等の記載を入れておきましょう

 

 

山田 和美

なごみ行政書士事務所・なごみ相続サポートセンター(愛知県東海市)所長

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

なごみ行政書士事務所・なごみ相続サポートセンター(愛知県東海市)所長 行政書士

1986年生まれ。愛知県稲沢市出身。
大学在学中に行政書士、CFP資格を取得。

大学卒業後、名南コンサルティングネットワーク内名南司法書士法人に入社し、相続手続きを専門的に担う部署に所属。
その後、名南税理士法人に転籍し、主に事業承継サポートを担当。

2014年に独立。なごみ行政書士事務所及びなごみ相続サポートセンターを開業。
相続案件や遺言作成サポート案件を中心に業務を受注し、相続セミナーやコンサルティングなどに積極的に取り組む。相続に関する相談件数は年平均100件超。

著者紹介

連載家族の「争いのもとになる遺言書」を書かないために

残念な実例が教えてくれる 「きちんとした、もめない遺言書」の書き方・のこし方

残念な実例が教えてくれる 「きちんとした、もめない遺言書」の書き方・のこし方

山田 和美

日本実業出版社

昨今の終活ブーム、エンディングノートブームの影響で、 ・そもそも法律要件を満たしていないので効力がない ・遺族がもめやすい検討事項がまったく解決されていない ・相続税は抑制されたようだけど、これでは家族の溝を深…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!