「神経」「動脈」など現代に残る医学用語も…解体新書のウラ話 (※画像はイメージです/PIXTA)

解体新書は、江戸時代に日本で初めて出版された、本格的な西洋医学書です。今見ても、遜色ないほど克明に記された解剖図は、当時の医師たちを驚かせたことでしょう。解体新書の翻訳は、どのように行われたのでしょうか。当時の、医学書翻訳の舞台裏を覗いてみましょう。

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー
 
【期間限定/参加特典付】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー

解体新書とは

解体新書は、ドイツの医学書「ターヘル・アナトミア」のオランダ語訳を、日本語に翻訳したものです。この翻訳は、医者の杉田玄白、翻訳を担当した前野良沢、校正を担当した中川淳庵などの、協力によって行われました。しかし、解体新書には前野良沢の名前がありません。一説には、前野良沢は完璧主義者だったため、解体新書の翻訳に納得がいかないので、名前を載せなかったと言われています。

 

ところで、解体新書の翻訳という、一大事業が行われたきっかけは、何だったのでしょうか。当時の日本は鎖国状態だったので、海外の書物を翻訳するのは、幕府からお咎めを受ける可能性もあったのです。

 

玄白たちが、それでも解体新書を著したのは、明和8(1771)年に、小塚原刑場で処刑された、罪人の人体解剖を見たのがきっかけでした。解剖に立ち会った玄白、良沢、淳庵は、ターヘル・アナトミアを持参していました。そして、そこに描かれた解剖図と、実際の解剖を見比べ、その正確さに驚嘆します。

 

そこで、玄白は良沢に、解体新書の翻訳を持ちかけたと、言われています。玄白の申し出を良沢が受けて、翻訳作業が始まりました。しかし、良沢もそれほどオランダ語が堪能なわけではなく、かなり苦労して翻訳したに違いありません。

 

稚拙なオランダ語の知識だけで、難解な医学書を翻訳する作業は、まるで暗号解読‎に近いものでした。翻訳の過程で良沢は、「神経」「動脈」「軟骨」などの言葉を作り出しています。これまで、日本になかった医学書を翻訳するのですから、これまで日本語になかった言葉も、必要になるわけです。ただでさえ難解な医学書を翻訳しながら、新たに医学用語を作るのですから、いかに大変な作業であったかが覗えます。そして苦労の末、良沢は3年以上かけて、解体新書を完成させました。

その後の玄白と良沢

解体新書を著したあとの、玄白と良沢の生き方は対照的でした。解体新書に良沢の名前がないのは、前述のように良沢が自分の翻訳に納得しなかったので、名前を載せなかったという以外に、いくつかの説があります。良沢が「有名になるために翻訳したのではない」と言ったとか、幕府に目をつけられないように、玄白が配慮して名前を入れなかったという説もあります。しかし、出版後の良沢の生き様を見ると、本人が名前を載せることを断った可能性が、高いように思われます。解体新書を発行すると、玄白の名前は一躍有名になり、11代将軍徳川家斉に拝謁するまでになりました。

 

その名声を聞いて、玄白が経営する医院には、1日に千人もの患者が押し寄せるほどの人気で、開業医として大成功した玄白は、85歳で幸せな生涯を終えました。一方、苦労して翻訳した良沢は、解体新書が出版されても、注目されることはなかったようです。それは、解体新書に名前がないことが、原因だったのかもしれません。

 

良沢は自宅にこもりがちになり、解体新書出版後に増えた、オランダ語の翻訳に取り組んで、80年の生涯を終えました。良沢の名前が知られるようになったのは、玄白が翻訳の苦労を、「蘭学事始」に書いたからでした。しかし、このときすでに良沢はこの世になく、彼の人生に日が当たることはありませんでした。

 

良沢は晩年、病気がちだったようですが、それでも蘭学の研究を続けました。研究熱心な良沢の噂は、主君であった中津(現在の大分県中津市)藩主の耳にも入り、「蘭学の化け物」という言葉で称賛したということです。明治になり、福沢諭吉らによって良沢の功績が見直され、正しく評価されるようになりました。

 

世渡り上手な玄白に対して、良沢はどこか不器用でした。しかし、良沢は他人の評価など、どうでもよかったのでしょう。一本気な性格で自分の信じた道を突き進む。そんな良沢でなければ、暗号を解読するような翻訳は、できなかったのかもしれません。解体新書が著されてから、日本の近代医学は大きく前進しました。そのおかげで多くの命が救われ、日本の医学の礎ができたのです。

前野良沢の人物評

豊前国中津藩(大分県)の藩医だった良沢は、オランダ語を習得するために、48歳で長崎に留学しました。当時の平均寿命からすると、48歳といえばかなりの高齢です。長崎で、オランダ語に翻訳された、ドイツの医学書「ターヘル・アナトミア」の解剖図を見た良沢は、翻訳を決心します。解体新書の翻訳の中心人物は、杉田玄白というのが通説ですが、一説には良沢が中心で、玄白たちはサポートした程度だったとも言われています。

 

医学書を翻訳しようにも、オランダ語の辞書もない状態ですから、解体新書の翻訳は、オランダ語を学んだ良沢にしかできないとうのが、正しいのかもしれません。玄白が解体新書の出版を急ぐ中、良沢はより完璧な翻訳を追求しようとしたとも、言われています。このように対立する2人の姿勢は、自分の名声のためではなく、日本の医学の将来を見据えてのことだったのでしょう。
 

 

 

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー
 
【期間限定/参加特典付】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー

1955年宮崎県生まれ。明治学院大学文学部英文学科卒業。システムエンジニア歴25年。フリーライター歴15年。初期の頃は雑誌など紙媒体を中心に、現在はWeb記事を中心に執筆。執筆記事数は7000本を超える。
サブカルチャー、ムック本などのほか、時事ニュースやコラム記事の執筆もある。歴史が好きで、幕末史に独自の見解を持つ。大正時代、昭和初期の歴史にも興味があり、誰も書かなかった近代史を書きたいとの構想がある。
著書:
鹿児島あるある(TOブックス)
勝手に現代風にアレンジしたことわざ辞典(三交社)

著者紹介

連載医師のためのお役立ち情報

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧