銀座の天ぷら職人が、跡取り息子に「何も教えない」深い理由

教えられること、教えられないこと。それらの違いは何でしょうか? 天ぷら屋の大将は息子に何も教えないと言います。一方で、ビビる大木さんは後輩芸人に教えることの大切さを語ります。それぞれに一体どんな違いがあるのか、歴史好き芸人として知られるビビる大木さんが解説します。※本連載は、ビビる大木氏の著書『ビビる大木、渋沢栄一を語る』(プレジデント社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【オンライン開催(LIVE配信)】5/18(水)開催
保有不動産の「価値」を向上させる最適な提案!
家賃収入、節税対策、相続対策、資産運用…「資産活用セミナー」

日本的な「縦ライン」という習慣が崩れている

木を育てるには、道徳という根を固めよ

道徳を欠いては、決して世の中に立って、大いに力を伸ばすことはできない。農作物でもさようである。肥料をやって茎が伸び、大きくなるに従ってこれに相応して根を固めなければならない。しからざれば風が吹けば必ず倒れる。実が熟さぬ中に枯れてしまう。

【『渋沢栄一訓言集』道徳と功利】

 

■先輩芸人になってからの後輩芸人への教え

 

「お笑い中間管理職」を自認するようになってから、可愛がっている後輩芸人たちがいます。そういう後輩芸人の連中には、きれいごとに聞こえるかもしれませんが、僕の気持ちとしては、「まあ、こいつらに最後は嫌われてもいいから、僕がやってきてよかったことは教えよう」という思いです。

 

教える中で、「もう嫌いになったら嫌いになっていいから」、あるいは「うるせえなと思ったらそれでいいよ」と思っています。また、「やさしい先輩がいて楽しければ、そっち行けばいいし。ただね、やさしいだけじゃ伸びないことはあるからな」という気持ちもあります。

 

以上の決意を自分で確かめて、後輩芸人に教えていこうと改めて心に刻みました。渋沢さんのこの言葉は、今、一番必要な言葉だと思います。

 

後輩に教えるのは、難しいことです。僕が教えた後輩芸人には、さらに後輩芸人ができてきます。僕からすると、孫みたいなことになるわけです。これまで直に教えていた後輩とは異なり、孫となりますと一人の後輩芸人を介在しますから、さらにやっかいです。

 

あるとき、その場で一番後輩の芸人Aに、あれこれお願いをしました。すると、後輩芸人Bが、「ああ、いいよ、いいよ。俺がやっとくよ」とやさしさを見せたのです。

 

このとき、面倒ですが、話さなくてはいけません。その場で、「ちょっと待て、僕は今、おまえじゃなくて、あいつに頼んだんだよ」と呼び止めました。すると、後輩芸人Bは、「いやでも今、俺がついでに立ったんで俺がやります」と言うわけです。

 

「いや、僕はおまえが立っていたからやってくれじゃなくて、僕はAがやったほうがいいと思って、Aに頼んでいるから、おまえがやっちゃうとAが覚えないからやらないでくれ」と話しました。この説明が、殊のほか疲れました。

 

後輩芸人B、つまり真ん中の後輩からしたら、そいつにはそいつの今度、役割があるはずなんです。その下に後輩がいるということは、一番下の後輩にも役割があるし、真ん中の後輩にも役割があるし、その場で言うと僕が先輩だったので、僕の役割もあるわけです。そこの立ち回りを何となく覚えておいたほうが、テレビ局から仕事をもらえるようになってから、考え方が定まりやすいと思ったので、私は教えたのです。

 

■日本的な縦ラインを崩していいのか?

 

この悲しいくらいの気苦労、これは僕に限らず、日本の職場で数えきれないほど起きている現象だと思います。単純化して言えば、日本的なる縦ラインが崩れてきている現象です。

 

今の若者たちは、やはり縦ラインが嫌いなんです。それはなぜなのか。答えは「面倒だから」です。ましてや、テレビなんて自由業なので、「いや、なんでその世界にいちいち縦があるんだ?」という風潮も少しはあります。

 

昔はすべて縦ラインでした。それが当然で、当たり前の時代でした。テレビ番組の収録前に、先輩に挨拶に行くというのも昔は当たり前でしたが、今はほとんどありません。僕が若い頃は「挨拶しないとダメ」でしたから、「挨拶ねえな」と言われました。今は「挨拶ねえな」と言う先輩はいません。

 

縦ラインが崩れてくると、日本のさまざまな現場での足腰がダメになっていくはずです。これは道徳ではありませんが、日本が大切にしたい慣習です。

 

この慣習を核に日本の道徳は広がっていきました。現場や家庭も含めて、日本はそれがうまく回るシステムであることを自覚し、教える必要があると僕は思います。

 

 

ビビる大木

 

 

ワタナベエンターテインメント 芸人

1974年9月29日生まれ。埼玉県春日部市出身。1995年、渡辺プロダクションに所属し、コンビ「ビビる」を結成。2002年にコンビ解散、以後ピン芸人としてマルチに活躍中。

現在、テレビ東京「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」、テレビ東京「家、ついて行ってイイですか?」、中京テレビ「前略、大とくさん」でMCを務める。

趣味は幕末史跡めぐり。ジョン万次郎資料館名誉館長、春日部親善大使、埼玉応援団、萩ふるさと大使、高知県観光特使など、さまざまな観光・親善大使を務める。

【主な著書】
『覚えておきたい幕末・維新の100人+1』(本間康司・ビビる大木著、清水書院)
『知る見るビビる』(ビビる大木著、角川マガジンズ)

著者紹介

連載ビビる大木、渋沢栄一を語る

ビビる大木、渋沢栄一を語る

ビビる大木、渋沢栄一を語る

ビビる 大木

プレジデント社

歴史好き芸人・ビビる大木が、 同郷の偉人・渋沢栄一の遺した言葉を紐解く! 「はじめまして、こんばんみ! 大物先輩芸人と大勢の後輩芸人の狭間で揺れる40代『お笑い中間管理職』の僕。芸人としてこれからどうやって生き…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ