ソフトバンク球団が野球と無縁の「e-Sports」に投資するワケ

福岡ソフトバンクホークスは2020年7月、本拠地・PayPayドームのすぐ横に、エンターテインメントビル「BOSS E・ZO FUKUOKA」を開業しました。なぜ野球以外のことに巨額の投資をするのか? そう疑問に思ったファンも少なくないでしょう。狙いを理解するには球団=野球という図式を離れて、野球を「スタジアム・ビジネス」の一分野として捉えることが重要です。チームの強さとビジネスの強さは両輪。実はソフトバンクが行おうとしているのは、野球という「すごい『コンテンツ』に見合うビジネス」なのです。ソフトバンク代表取締役専務COO兼事業統括本部長の太田宏昭氏に取材してわかった「新しい経営戦略」の一部を、本稿で見ていきましょう。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

E・ZOは「世界一」を展開していくための拠点

吉本の舞台にしても、もちろん、吉本新喜劇や漫才、コントで楽しませるという狙いもあるが、太田が惹かれたのは「お笑いもあるし、彼らがやろうとしている総合的なエンターテインメントのすごさ、素晴らしさを理解していること」だという。

 

吉本が、新たに取り組んでいるという「ノンバーバル」の演劇がある。

 

つまり非言語。パントマイム、ブレイクダンス、マジックショー、ジャグリング、レーザー光線などの光学的な演出がそうだ。演劇も、言語に頼らない。表情、視線、ジェスチャーで、思いや物語を表現していく。

 

大阪コテコテの笑いだけではない。日本語が通じない外国人でも、その劇場にやって来て楽しむことができる。そうしたコンテンツを用意しているのだ。

 

例えば、これを夜9時にスタートさせる。観光から帰って来た外国人が、野球を見終えたファンが、ちょっと足を運んでみる。そのナイトショーが終わったら、ホテルのバーでゆっくりとお酒を飲む。

 

「海外へ行ったら、普通、こういうのがあるじゃないですか」

 

ただ単に、外国の真似をしているのではない。外国人の視点に立てば、日本に来て、その世界水準のアミューズメントを体験できる場所で、ゆっくりと過ごしたい。

 

言葉や国籍、人種の壁を超えた”世界一のおもてなし”を提供する。

 

野球、演劇、ショー、ゲーム、グルメ、ミュージアム。そのホスピタリティに立ち、これらの「アミューズメント」を掛け合わせていけば、その組み合わせはまさしく、幾通りも出てくるのだ。

 

その「世界一」という”くくり”の中に「王貞治ベースボールミュージアム」もある。

 

「コンセプトとして、全くずれていないんです。世界一のコンテンツといったら、怒られちゃいますね。でも、別に何もコンセプトもなく持って行ったわけじゃなく、そういうものをしっかり集める。当然、世界一に近づくようになるということなんです」

 

もちろん、経営的な面でもメリットはあった。

 

「王貞治ベースボールミュージアム」が福岡PayPayドーム内にあったときには、そこからも試合を見られるような造りになっていた。

 

このスペースを空けて、さらに観客を入れれば、それだけ収益は増える。

 

太田は、その「収益」と「歴史」とのバランスを取ることに苦心したという。「そこだけ切り取ればその通りなんです。経済合理性があるわけじゃないですか。だからやれるんです。空けたかったし、満席にしたかったんです。

 

じゃあ、どうしたらいい? なくすわけにはいかない。ビルができて入れば、いい形で収まるわけです。大きい柱は、僕らが持っている『目指せ世界一』のスローガン。それが理念、ビジョンみたいなものですからね。そのコンセプトとしてもずれていない。そういうことで造っているんです」

 

ラスベガスのように、朝から夜まで、一日中楽しめるエリアを創る。そのための”橋頭堡(きょうとうほ)“として「BOSS E・ZO FUKUOKA」があるのだ。

 

 

喜瀬 雅則

スポーツライター

 

 

スポーツライター

1967年、神戸市生まれ。関西学院大経済学部卒。

1990年、産経新聞社入社。1994年からサンケイスポーツ大阪本社で野球担当として阪神、オリックス、近鉄、ダイエー、中日、アマ野球の番記者を歴任。2008年から8年間、産経新聞大阪本社運動部でプロ・アマ野球を担当。『産経新聞』夕刊連載「独立リーグの現状 その明暗を探る」で2011年度ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

2017年7月末に産経新聞社を退社。以後は、業務委託契約を結ぶ西日本新聞社を中心にプロ野球界の取材を続けている。

著書に『牛を飼う球団』(小学館)、『不登校からメジャーへ』、『ホークス3軍はなぜ成功したのか?』(ともに光文社新書)がある。

著者紹介

連載稼ぐ!プロ野球 ~新時代のファンビジネス~

稼ぐ! プロ野球 新時代のファンビジネス

稼ぐ! プロ野球 新時代のファンビジネス

喜瀬 雅則

PHP研究所

「野球」だけがビジネスではない! データ活用、SNS戦略、グッズ展開、コミュニティ…利益と熱狂を生み出す“勝利の方程式”とは? プロ野球を見れば、いまのビジネスがわかる――。少子高齢化に伴う「野球離」が進み、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!