人生の終末に備える…「エンディングノート」作成のポイント (写真はイメージです/PIXTA)

医療、介護、相続、葬式…など、終活はやることが多いです。それらの情報を1つにまとめる際に「エンディングノート」は非常に重要な役割を果たします。今回はリポーターで一般社団法人終活協議会理事の菊田あや子氏が、エンディングノートの作成のポイントについて解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

エンディングノートを書くときの注意点

気を付けたいのは、エンディングノートは誰かに伝えるためのもの、ということ。自分だけに分かる書き方ではなく、伝えたい人をイメージしながら分かりやすく書きましょう。

 

情報は新しいほうがいいので、変更があったときは書き直してください。その際に日付を付けておくと分かりやすいと思います。

 

また、エンディングノートには法的な効力はありません。相続の希望がある場合は、正式な遺言書を作ってください。

 

私は周りの皆さんにエンディングノートを書くことを勧めているのですが、実際に書いた人は「自分のことが分かった」「自分が今後何をすればいいかが理解できた」と言います。

 

40代の若いお友達は「お墓やお葬式のことなどはドキドキしたけれど、自分の人生を改めて考えるいいチャンスになりました」と言っていましたし、30代のお友達は「エンディングノートは小学生から書いてもいいものだと思いました」と感想をくれました。

 

確かに、北欧では子どもの頃から自分の死をイメージして、絵を描く授業があると聞きました。子どもの頃から終活をして、自分の人生の最期を考えることは、これからの人生を豊かにするメソッドだと思います。

 

エンディングノートは書きやすいところから、自由に書いてOKです。一般的なエンディングノートの項目で飽き足らない場合は、「自分史」を加えてもいいですし、「死ぬまでにしたい10のこと」を書いてもOK。

 

好きなようにアレンジをしてくださいね。書くことで、終活の輪郭がはっきりとし、これからの人生を考えることができると思います。

 

最後にエンディングノートは大切な個人情報が詰まったもの。取り扱いには十分注意をして、かつ、どこに保管してあるかを家族に伝えておきましょう。

 

 

菊田 あや子

リポーター

一般社団法人終活協議会理事

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

一般社団法人終活協議会理事
リポーター

1959年11月4日生まれ、山口県下関市出身。大学在学中にラジオ番組の司会を務め、それをきっかけに芸能活動をスタートさせる。

朝のワイドショーなどのリポーターとして全国各地を飛び回り、1990年代のグルメブーム以降は「日本一食べている女性レポーター」として活躍。グルメや温泉・旅番組に多数出演し、持ち前の明るいキャラクターで番組を盛り立てた。

近年は講演活動を多く行い、その講演内容は「食育」「美容」「話法」「おもてなし」「遠距離介護」「終活」など多岐にわたる。

著者紹介

連載イメージが変わる!エンジョイ「終活」

本連載は書籍『エンジョイ! 終活』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

エンジョイ! 終活

エンジョイ! 終活

菊田 あや子

幻冬舎メディアコンサルティング

年を重ねるごとに大きくなる不安は不安の正体を知ることで解消できる。グルメレポーターであった著者が母を看取り、今思う「終活」の大切さとは。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!