60歳以上「貯蓄2,000万円超え」どんどん露わになる日本人の恐ろしい経済格差 (写真はイメージです/PiXTA)

老後に必要なお金、貯められていますか? 総務省『家計調査』などをもとに、「日本人の貯蓄」事情について見ていきます。

 

【関連記事】世論調査「平均貯蓄1751万円」も、100万人以上が貧困の絶望

高齢世帯「平均貯蓄2,000万円超え」の驚愕

少子高齢化が著しい日本社会。令和元年の厚労省の調査では、15~64歳人口の割合は59.5%となっており、1950年以降「過去最低」の数値を記録しています。一方で65歳以上人口の割合は「過去最高」を更新しました。

 

総務省『家計調査』(2021年1~3月)より、年齢別2人以上の世帯の貯蓄額(預金・保険・有価証券等)について見てみると、30歳~39歳「797万円」、40歳~49歳「1,089万円」、50歳~59歳「1,728万円」、60歳~69歳「2,667万円」、70歳~「2,376万円」となっています。

 

60歳以上の世帯では、軒並み2,000万円超え。老後資金を十分に用意している高齢世帯が多いといえるのでしょうか。ちなみにですが、都道府県別の貯蓄額を見ると、また違った様相が見て取れます。

 

“勤労者世帯の全国平均1,376万円を上回る自治体は、全部で15。そのうち最も貯蓄額が多いのは、やはりというべきか「東京都」で、その額は2,254万円にもなります。同調査による年収も全国平均を大きく上回る950万円なので、当然といえば当然の結果です。

 

続く第2位は「三重県」で2,066万円。意外かもしれませんが、同調査による年収も全国5位の794万円と高収入を誇る県。納得の結果だといえるでしょう。そして3位は「長野県」で1,871万円。この結果も意外に感じる人が多いと思いますが、同調査による年収は全国6位と上位にラインクインしているので、順当な結果です。”(GGO編集部『都道府県別「貯蓄額ランキング」…1位と47位で1,678万円の差』2020年10月)

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!