「80歳・認知症父の全財産を長男へ」税理士ゴリ押し…相続を巡り、兄弟、一触即発【相続のプロが解説】 ※画像はイメージです/PIXTA

相続は素人だけで解決することが難しいため、税理士など専門家に相談しながら進めることが一般的。しかし、彼らが必ずしも相続に詳しいとは限りません。相談の結果「争族」に発展することも…。 ※本記事は、一般社団法人相続終活専門協会の書籍 『プロが教える 相続でモメないための本』(アスコム)より一部を抜粋したものです。

「俺を疑ってんのか?」2人の溝はどんどん深まり…

■父親の財産を巡り兄弟が口論

 

「熊田さんから持ちかけられた家族信託の件だけど、母さんとも相談してハンコは押さないことにしたよ」

 

英二は、賢一に対してきっぱり家族信託の申し出を断った。

 

「なんでだよ。さてはお前、俺が父さんの財産を独り占めするとでも思っているんじゃないのか。俺がそんなこと考えるわけないだろ。長男として、父さんの財産をしっかり守りたいだけなんだよ。お前だって父さんの認知症がどれだけ重症かわかっているだろ? もう自己判断力がないから、効力のある遺言だって書けないんだ。冷静に考えたら、家族信託しかないじゃないか」

 

賢一は、もっともらしく説明する。

 

「兄ちゃんの言うことも一理あるけど、そもそも家族信託だって認知症が重症なわけだし出来ないんじゃないの? ちょっと熊田さんにマインドコントロールされ過ぎじゃない? なんで、そんなに家族信託にこだわるんだよ」

 

「はぁ、何言ってるんだよ? 熊田さんは父さんの代から、うちの会社の経理を支えてきた金庫番だよ。熊田さんだって、父さんや俺たちを心配して提案してくれてるんだよ」

 

「でも、やり方が強引すぎるよ、熊田さんは。俺や母さんの言うことなんか聞かず、とにかく『ハンコ押してください』の一点張りなんだから。あの態度は信用できないよ」

 

「人を疑うのもたいがいにしろよ……」

 

賢一は、いらだちを隠せず煙草に火を付けた。煙草の煙を吐き出しながら賢一は眉間にしわを寄せ、しばらく沈黙してから続けた。

 

「……じゃあ、どうすればいいんだ。父さんの財産をこのままにしておくのか、これ以上、認知症がひどくなったら大変だぞ」

 

「俺だって考えているよ。実は相続の専門家に相談したら、成年後見制度を勧められたんだ」

 

「成年後見制度?」

 

こうして兄弟は「争族」を一旦休戦し、成年後見制度について検討を始めることになった。

 

■認知症の本人に代わって財産を管理できる「成年後見制度」

 

「そうですか。わかりました。では一度、私からも賢一に成年後見制度について説明してみますね」

 

英二さんはそう言って、私の事務所から出ていきました。英二さんから相談を受けた私は、熊田税理士の言うまま家族信託を進めると、ご家族に遺恨が残る可能性があると判断し、成年後見制度をご案内したのです。

一般社団法人相続終活専門協会 代表理事
株式会社アレース・ファミリーオフィス 取締役

立命館大学卒業後、大手生保を経て、アレース・ファミリーオフィスへ入社。

読売新聞、現代ビジネスをはじめとした大手メディアにも多数の記事を掲載している。

遺言相続.com(https://egonsouzoku.com/)

著者紹介

連載GGO大ヒット連載ピックアップ~『泥沼・相続トラブル』

プロが教える 相続でモメないための本

プロが教える 相続でモメないための本

江幡 吉昭

アスコム

「財産が少ない」「家族はみんな仲がいい」 実は、こんな人ほど相続争いの当事者になりやすい。3000件の相続を手がけたプロが教える、相続をスムーズに進めるためのノウハウが満載。相続初心者のための相続のイロハも併せて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!