経営者・長男「遺産は1円もいらない」から豹変…介護に苦労した次男と泥沼の末路【相続のプロが解説】 ※画像はイメージです/PIXTA

経営者として羽振りが良く、「財産はいらない」と言っていた長男。しかし姉が亡くなると突如「財産を半分もらう権利がある」と言いだし、「争族」に発展――。※本記事は、一般社団法人相続終活専門協会の書籍 『プロが教える  相続でモメないための本』(アスコム)より一部を抜粋したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

遺産の行方は…?兄弟が迎えた「最悪すぎる結末」

千恵子さんが危篤だと知ってから相続に関する情報を調べはじめ、自分にも法定相続の権利がある可能性に気付き、相続の主張を始めたのでしょう。

 

この兄弟はその後、弁護士を交えて何度も話し合いを重ね、最終的に千恵子さんが遺した財産の半分を雄一郎さんに相続させるという結論に落ち着きました。しかし、一度壊れてしまった兄弟の仲が修復されることはありませんでした。その後、雄一郎さん夫婦と、誠二さん夫婦の関係まで悪化し、相続の一件以来、千恵子さんの法要も別々に執り行うことになったのです。

 

このように一度「争族」が起きてしまうと、金銭面で解決することはあっても、遺恨が消えることはありません。

 

今回のケースで「争族」を防ぐ方法は、遺言に「弟に介護の面倒を見てもらったので自宅や現金はすべて弟に相続させたい。

 

兄は大阪にいて、本人も遺産をいらないと私に言っていたので納得してください」という内容を付言事項に記載しておけば、トラブルになる要素はまったくなかったでしょう。

 

遺言には、いくつか記載のルールがあります。そこには、財産分割に関する記載以外に「付言事項」という被相続人の想いを書き込める項目が用意されているのです。

 

付言事項はしょせん「想い」ですから、そこに書かれた内容に特段の法的効力はありません。しかし、財産をもらえない人や、多めに分割する人がいる場合は、「争族」を避けるために、その理由を付言事項に書くことをお勧めします。亡くなった人の言葉というものは、遺された家族にとって、やはり重いのです。

 

多くの場合、「納得できない」という感情が「争族」の引き金になりますから、「家族が納得できる理由」をあなたの言葉で書くことで、かなりのもめごとを回避できるのです。

 

この事例の家族のように、定年退職や病気で経済状況が大きく変わったことで「前言撤回」される方はしばしばいます。繰り返しになりますが、どのような家族も「争族」になり得ることを忘れないでください。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

一般社団法人相続終活専門協会 代表理事
株式会社アレース・ファミリーオフィス 取締役

立命館大学卒業後、大手生保を経て、アレース・ファミリーオフィスへ入社。

読売新聞、現代ビジネスをはじめとした大手メディアにも多数の記事を掲載している。

遺言相続.com(https://egonsouzoku.com/)

著者紹介

連載GGO大ヒット連載ピックアップ~『泥沼・相続トラブル』

プロが教える 相続でモメないための本

プロが教える 相続でモメないための本

江幡 吉昭

アスコム

「財産が少ない」「家族はみんな仲がいい」 実は、こんな人ほど相続争いの当事者になりやすい。3000件の相続を手がけたプロが教える、相続をスムーズに進めるためのノウハウが満載。相続初心者のための相続のイロハも併せて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!