長女の横暴「毎月70万円」母の口座から…同居介護でやりたい放題の実態【相続のプロが解説】 ※画像はイメージです/PIXTA

親の面倒を見ている兄弟は、親の財産の消費や相続で「やりたい放題」になりがちです。実際に「争族」へ発展してしまったエピソードをご紹介します。※本記事は、一般社団法人相続終活専門協会の書籍 『プロが教える  相続でモメないための本』(アスコム)より一部を抜粋したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

父の死後「億単位にのぼる資産」を受け継いでいたが…

奈津美さんも秋絵さんに同調する。

 

「引き出した現金には色も名前もついていませんからね……。お姉さまがお母さまのお金を使い込んでいたとしても、それを立証することは非常に難しいのです」

 

同席した弁護士がそう説明します。

 

おふたりが少し落ち着いてきたところで、今回の「争族」が起きた背景を解きほぐしていくため、ご家族の時間を少し巻き戻していただくことにしました。

 

このご家族のお父さまは、実家が東北地方で代々造り酒屋を営まれていて、地元では知らない人がいないほどでした。とても経営手腕の優れた方で、現代の若い方にも好まれる日本酒を開発してヒットさせ、会社をさらに大きくして多額の資産を築かれたのです。

 

お父さまはその後、経営から退く際に、お母さまに自社株を引き継ぎました。彼女はそこから経営に携わることもできたのですが、あえて株式を売却し、夫婦は会社から距離を置いたのです。したがって、お父さまが亡くなった時点で、目立った資産は自宅と現預金と生命保険くらいのものでした。それでも億単位にのぼる資産を遺されたわけですが……。

 

この一次相続の際に3姉妹も1000万円ほどの遺産を手にしたこともあり、全員が納得の上で遺産分割協議を終えました。

 

「私と秋絵は結婚して、横浜と東京にそれぞれ引っ越したのですが、お姉ちゃんだけは地元で結婚したので実家から車で数分の距離に住んでいました。それもあって、お母さんは近くにいてくれたお姉ちゃんへの思いは強かったのでしょう」

 

私は相づちを打ちました。

 

「そうでしょうね。その頃、皆さんの仲はどうでしたか?」

 

「秋絵はみんなにかわいがられていたけど、私とお姉ちゃんはよくケンカしてました。もともと仲は良くなかったと言えます。でも、私達に子どもができた後は、おたがいに家族で行き来するようになりました。ここ10年ほどは、けっこう仲良くしてたんですよ……」

 

「お母さまのお体の具合は、いつ頃から悪くなったのですか」

 

\\10/16(土)開催//
入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

アレース・ファミリーオフィス取締役西日本支社長
一般社団法人相続終活専門協会 理事

立命館大学卒業後、大手生保を経て、アレース・ファミリーオフィスへ入社。

遺言相続.com(https://egonsouzoku.com/)

著者紹介

連載GGO大ヒット連載ピックアップ~『泥沼・相続トラブル』

プロが教える 相続でモメないための本

プロが教える 相続でモメないための本

江幡 吉昭

アスコム

「財産が少ない」「家族はみんな仲がいい」 実は、こんな人ほど相続争いの当事者になりやすい。3000件の相続を手がけたプロが教える、相続をスムーズに進めるためのノウハウが満載。相続初心者のための相続のイロハも併せて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧