息子が医学部を首席卒業も…エリート医師家族、自業自得の末路 (※写真はイメージです/PIXTA)

人というのは、生まれた瞬間から死に向かって歩き始めるというように、誰もがその運命から逃れることはできません。人生を終えた瞬間から、残された遺族は故人の遺産などを整理する必要が出てきます。相続の手続きなど、深い悲しみから抜けきれない遺族にとっては大変辛いものですが、生前の故人がどのように生きていたかで、さらに衝撃的なことが起こりうるのです。本記事では、外部の人間が知り得ない「病院内で繰り広げられる遺族間抗争」を医師への取材で明らかにします。エリート医師家系であるAさん一族の悲劇とは?

通夜の席に現れた見知らぬ若い女性の正体とは

通夜には大勢の弔問客が訪れました。生前の父親は地元でも評判がよく、とても愛されていたことがわかったそうです。滞りなく通夜は終わったのですが、ふと式場の入り口に目をやると、若い女性が立っていました。遅れて弔問に来られた方と思い、Aさんが中へ入るよう促すと、彼女は思いつめたような表情をしながら、ご焼香をされたそうです。

 

祭壇に深々と一礼したあと、Aさんに向かって「故人のご子息の方ですか?」と女性は声をかけてきました。交際の幅が広かった父親のことですから、最初はどこかの病院などでお世話になった看護師さんかと思ったそうです。ところが、その女性の口からは、その席にいた親族全員を驚かせる言葉が発せられたのでした。

 

なんと、通夜の場に現れた彼女は父親と数年前から愛人関係にあり、ふたりの間には認知された子どもがいると告げられたのです。学会への参加で不在にしていたのも、調査会社を使って調べてみると彼女との逢瀬で出かけた旅行だったことが半分以上。父親の急死で深い悲しみのなかにあったAさんの母親は、Aさん以上にショックを受けて寝込む始末。父親の死を惜しむ別れの場は、一瞬で凍り付いた空気と化したのです。

 

待っているのは修羅場と遺族の精神的な苦痛

不幸中の幸いだったのは、その方が望むのは、子どもの法定相続分以上は望まないという申し出だったことでした。結果的にはその後の病院運営などに影響が出ることもなく、穏便に話を終わらせることができました。とはいえ、家族に嘘をついて不倫関係を続けていたことを後から知っただけに、相続分が減るという金銭的な問題以上に、精神的な負担がとても大きかったとAさんは言っていました。

 

ちょっとした火遊びのつもりが、やがて本気になってしまった不倫関係。当人同士の問題と思われそうではありますが、男女が夜を共に過ごせば子どもができることだってあるのです。なかには、相続に関係する書類を愛人宅に保存したまま亡くなってしまい、遺産を愛人に持ち逃げされたり使い込まれたりしたことが判明した、というケースも存在しています。いくら家族を大切に思っていたとしても、結果としてこのような仕打ちが待っているであれば、それは大切にしていないのと同じこと。

 

それでも今回のケースは割と穏やかに済んだパターンといえるでしょう。なかには通夜の席で争いになり、台無しになってしまったという話も耳にします。浮気をした当事者はもうこの世にはいなくとも、遺族はこれからも生きていくのです。自分の家族を守るということは、旅立ったあとのことまできちんと考えておく、ということに他ならないのではないでしょうか。
 

 

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー
 
【期間限定/参加特典付】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している。

著者紹介

連載医師のためのお役立ち情報

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧