人工授精で精神が崩壊…女医は自らの「不妊治療」を中断した

いつまで続くのか分からず、「出口の見えないトンネルのなかにいるよう」とも言われる不妊治療。女医の山下真理子氏も、そんな不妊治療で子供を授かったひとりだという。どのような問題に直面し、どう向き合ってきたのか、医師の立場から語ってもらう本連載。第2回目は人工授精とそれに伴う苦悩について、生々しく当時の心境を吐露してくれた。

なんで友人のお腹には命が宿るんだろうか…

奇しくもちょうどその頃、仲の良い友人の「できちゃった」報告がLINEで送られてきたのもあり、私は完全に心が折れていた。

 

こんなに夜も早く寝るように心がけて、「温活がいい」と聞いては酵素浴やらよもぎ蒸しやらに通い、タイミングや精子採取のために、夫婦で気まずい思いをして、安くはない治療費を払っているのに、なんで、「そんなつもりじゃなかった」友人のお腹には、命が宿るんだろうか。

 

次の周期で、もう一度人工授精を試みることを勧められたが、私は、「いったん考えます」と、診察室を後にした。

 

世の中には、「今デキたら困る」と、人工妊娠中絶を迷う人がいる。「子供もういらない」と言っている人のところに、3人め4人めの命が宿る。せっかく授かった命なのに、虐待死させてしまう人もいる。

 

何のための不妊治療なのか、出口を見失っていた。

 

クリニックに通うことは、そこで一旦やめてしまった。

 

当然ながら、排卵は月に一度だけ。

 

「今月はどうなるんだろう」とそわそわしながら日々を過ごす生活を、これ以上続けたら、メンタルがおかしくなりそうだった。

 

タイミング療法と人工授精を、何年も続けている夫婦もいる。

 

不妊治療には、経済的な問題も大きく関わってくる。

 

でも、それ以上に「いつ終わるのかわからない不安」が大きくのしかかる。

 

変な話、「100万円払ったら、絶対に妊娠します」という確約は無い、ということだ。高額な治療費がかかるのに、いつ終わるのかわからない。

 

毎月「今月こそは」と、そわそわして過ごす。生理の経血を見るたびに、ガックリと肩と落とす。 

 

時間の都合をつけることも、とても難しい。

 

「明日、また来てください」そんなことはザラだった。

 

「明日、午前はお休みします」「明日は一日休みがもらえますか?」

 

そんなふうに無理を言って仕事の都合をつけることは、容易なことでは無い。

 

それでも、やるしかない。

 

なぜなら、「明日を逃したら次はまた1ヶ月以上先」になるからだ。

 

厳密には、場合によっては2ヶ月以上先になってしまうこともある。

 

「排卵」は、月に一度しか起こらず、「その日」を逃したら、どんなに早くても1ヶ月以上先。また一から始めなければならない。

 

すっかり心の折れた私だが、それからしばらくして、偶然SNSで見たとある投稿をきっかけに、再び治療を開始することになる。
 

 

 

山下 真理子

 

京都府立医科大学を卒業後、医師に。医師だけでなくモデルやコラムニストとしても活躍。美容医療に従事しつつ、専門学校にて医療教育にも関わる。
不妊治療を経て、2021年第1子出産。子育てと医師との両立を試行錯誤する一方でビューティージャパン近江大会2021のファイナリストにも選出される。

著者紹介

連載女医の不妊治療体験

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧