「優待×値下がり」権利落ち日に着目…両得を狙うカラ売り戦略 (※写真はイメージです/PIXTA)

東京オリンピック・パラリンピックが開幕したが、今週の日経平均株価は続落だった。4度目の緊急事態宣言が出された東京都の新型コロナウイルスの感染者数は急増している。順調に進むかと思われたワクチン接種は遅れ、経済活動の正常化が一段と遅れるとの見方もあり、上値が重い展開が続いている。今後の株価はどう動いていくのか。「株のお姉さん」として親しまれる雨宮京子氏が株価が下落相場でもあなたの資産を守り、逆に増やすという「株の売り方」の極意を明らかにします。本連載は雨宮京子著『世界一わかりやすい株の売り方』(フォレスト出版)より抜粋し、再編集したものです。

【オンライン(LIVE配信)】10/30(土)13:00開催
災害協定を締結する自治体が続々!
国も認めた「レスキューホテル」の重要性
社会貢献して利回り9%以上の商品力 詳しくはこちら>>>

全国で使えるQuoカードが株主優待の場合も

消費者とまったく縁がない企業では、最近であれば「Quoカード」を配る例が目立ちます。これなどは金券ですし、たとえば、小売業では自宅の周辺にお店がないと不便ですので、宝の持ち腐れということになりかねず、そういった意味で、全国で使えるQuoカードはどんな投資家にとってもありがたいかもしれません。

 

ここで注意したいのは、自分が使えるかどうかということ。ただでもらえるものなので、もらって損はないですが、優待狙いの場合、まず自分が使えるかどうかを確認したほうがいいでしょう。

 

さらに、企業のなかには、長い期間保有している株主──と条件をつけているところも少なくありません。保有株数によって、内容が変わるのは当然としても、最近では保有している期間(基準となるのは、権利確定が何回目かになります)も重視するので、特に短期間でゲットしようと考えている方はそうした条件にも注意する必要があります。

 

こうした条件をクリアしたら、あとは優待の内容を利回り換算してみましょう。

 

たとえば、10万円の投資額で1万円の商品券という優待であれば、実質的に1割も利益が生じたのと同じになるので狙い目が大きいでしょう。

 

あとは、内容が自分に合うかどうかです。たとえば、映画会社、興行会社の優待は厚めの企業が多いのですが、「映画なんか、話題作であっても、まったく観ない!」という人にとっては、たとえ厚い優待制度であっても価値がありません。そのあたりもよく考えて狙うのが良いと思います。
 

 

雨宮京子
雨宮総研代表 

 

【オンライン開催(LIVE配信)】10/30開催
空き家再生×最低家賃で「利回り20%」を実現!
「ダイヤモンド空き家投資」最強の不動産投資ノウハウ
詳しくはこちら>>>

 

↓コチラも読まれています 

【医師限定】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー

 

年収1500万円前後だが…勤務医が「資産10億円」になれるワケ

雨宮総研代表
経済ジャーナリスト
1日100億円を動かした元カリスマ証券レディ

1987年日興證券入社。独立後、長野FM放送アナウンサー、ラジオ短波(現ラジオ日経)、フジテレビレポーター、『週刊エコノミスト』(毎日新聞社)記者などを経て、日経CNBC東証アローズキャスター、テレビ東京マーケットレポーター、SBI証券投資情報部シニア・マーケットアドバイザーとして活躍。わかりやすく解説する「株のお姉さん」として親しまれる。
主な著書に『はじめての人の株入門』(かんき出版)、『株の教則本』(インデックスコミュニケーションズ)などある。
https://www.amekyon.com/

著者紹介

連載「株のお姉さん」が教える株式投資「カラ売り」の極意とは

世界一わかりやすい株の売り方

世界一わかりやすい株の売り方

雨宮 京子

フォレスト出版

「株の売り方」について解説した本です。 普通、株式投資というと「株を買う」 、値上がった株を売って儲ける、または配当や株主優待を得るというものですが、本書は「株を売って儲ける」ということに重点を置いています。 …

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧