平均手取り35万円「日本のサラリーマン」の悲惨すぎる末路 (※写真はイメージです/PIXTA)

日本に渦巻く老後不安。「年金」「給与」は国民の最大の関心事となっています。『国民年金及び厚生年金に係る財政の現況及び見通し』(厚生労働省・2019年)などのデータをもとに、悲惨な実態を見ていきます。

「平均手取り収入35万円」を基にした「年金額」の算出

公的年金の給付水準を示す指標を「所得代替率」といいます。現役世代の男性の平均手取り収入額に対する年金額の比率より算出されますが、『国民年金及び厚生年金に係る財政の現況及び見通し』(厚生労働省・2019年)では、男性の平均手取り額を下記のように規定しています。

 

“所得代替率 =(夫婦2人の基礎年金 + 夫の厚生年金)/ 現役男子の平均手取り収入額
61.7%=(13.0万円+9.0万円)/35.7万円”

 

平均手取り収入額35.7万円。「そんなに手取りもらってないよ…」と思うサラリーマンも少なくないことでしょう。

 

国税庁『民間給与実態統計調査』(令和元年分)によると、平均給与は436万円。正規社員503万円、非正規社員175万円となっています。平均給与436万円、月換算で35万円ほど。人によって異なりますが、手取りでは27万円弱。

 

コロナ感染拡大の影響を受け、2020年、現金給与総額は前年比1.7%減と2012年以来8年ぶりに減少。これはリーマンショック期の以来の大きな下落幅です。パートタイム労働者についても、現金給与総額は前年比0.4%減と4年ぶりに減少しており、現役世代の厳しい現状が見て取れます。

 

では年金の実情はどうなのか。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧