経営者の「昭和脳」も原因?…「企業の粉飾決算・品質不正」がなくならない根本理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

日本企業の粉飾決算や品質不正について、結構な頻度で報じられています。ニュースを見るたび「またか…」とウンザリしてしまいますが、社名を大きく報道され、各方面からしつこく追及されても、なかなかなくならないのが不思議です。じつは、そこには社員の共同体である「企業という組織」特有の性質が大きく影響しているのです。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

「恥」を感じない犯罪の場合、抑止は困難になりがち

一般の刑法犯は、本人も恥ずかしいと思い、周囲も白い眼で見るわけですが、品質不正や粉飾決算等については「会社のために仕方なくやったことだ」ということですまされる場合が多いので、裁判外での制裁が非常に軽く、したがって抑止力が働きにくい、ということがいえそうです。

 

バレにくく、バレても刑法上の罪は軽いし、刑法以外の社会的制裁も非常に軽いというわけで、抑止力が弱い一方、会社のために自分の身をリスクに晒してまで頑張るという会社人間的な発想がインセンティブとして働くわけですから、普通の刑法犯とはまったく状況が異なるわけです。恥ずかしいという気持ちよりも、むしろ会社のために自分を犠牲にしているといったヒーロー気分さえ味わっているのかもしれません。

 

場合によっては、「だれにも迷惑をかけていない」という意識もあるかもしれません。品質不正が何十年もバレていないということは、基準が厳しすぎるだけで、基準を守らなくてもとくに問題は生じない、ということかもしれないからです。

 

粉飾決算についても、一時的な赤字なのだから、利益が回復すれば何事もなかったように元気な会社に戻れるはずだ、という場合は、粉飾決算がバレなければだれの迷惑にもならないでしょう。むしろ、銀行団が融資を引き揚げることで会社が倒産すれば従業員等が路頭に迷いかねないところを、自分の粉飾決算が救ったと考えているのかもしれません。

 

そうした価値観等は極めて「昭和的」といえるのかもしれませんが、企業社会はいまでも結構昭和的な文化が残っているでしょうし、そもそも経営陣の多くは「昭和の人間」でしょうから。

 

繰り返しますが、筆者は品質不正や粉飾決算を容認しているわけではありません。とくに元銀行員である筆者は、粉飾決算には強い憤りを感じています。誤解のないようにお願いします。

「不正をやりはじめた人」を追及できればいいのだが…

刑事罰が軽く、社会的制裁も受けにくいとなると、悪事を止めさせるには株主代表訴訟で巨額の損害賠償を請求するくらいしか有効な手段がないかもしれません。しかし、それとて限界がありそうです。

 

品質不正等々は、前任者が行っていた場合に後任が止めるのは容易なことではありません。批判の矢面に立つのは自分ですし、社内では「前任者の悪事を内部告発した」といわれかねないからです。

 

そうした状況で、数十年間続いた不正がバレたとして、いちばん悪い人は最初に不正をした人なのに、その人は時効で刑罰も損害賠償も免がれ、やむをえず続けた現役だけが罰を受けるということになりかねません。

 

それではいくら株主代表訴訟等々で巨額の損害賠償をしても、次からの不正を思いとどまらせる抑止力とはなりにくいでしょう。

 

むずかしい話だとは思いますが、品質不正や粉飾決算等については、時効制度の適用をなくして、最初に不正をした人に巨額の損害賠償を請求できるようにしてほしいものですね。

 

あとは、人々の正義感に期待するしかなさそうです。共同体のメリットは大きなものがありますから、共同体的な文化が消滅することは期待しにくいでしょうが、共同体的な価値観を上回るような正義感を持った人が出てきて不正を思いとどまる、ということに期待しましょう。

 

今回は以上です。なお、本稿は筆者の個人的見解であり、筆者の所属する組織等々の見解ではありません。また、このシリーズはわかりやすさを最優先として書いていますので、細かい所について厳密にいえば不正確だ、という場合もあり得ます。ご理解いただければ幸いです。

 

筆者への取材、講演、原稿等のご相談は「幻冬舎ゴールドオンライン事務局」までお願いします。「幻冬舎ゴールドオンライン」トップページの下にある「お問い合わせ」からご連絡ください。

 

 

塚崎 公義

経済評論家

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載楽しく読めて知識が身につく!初心者にもよくわかる「経済の話」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧