若い人は「正直過ぎる」…仕事で成果を挙げる人のエグい共通点 (写真はイメージです/PIXTA)

近未来の消費者洞察データを基軸にイノベーション支援を展開する、株式会社SEEDATA代表取締役社長の宮井弘之氏は、仕事で、自分の評価を上げるためには、右肩上がりになるように計画して働くべきだと説いています。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

若い人は正直すぎる?実績を右肩上がりにするコツ

例えば、商品ができて最初の一月目の受注が50件、二月目の受注が40件、三月目の受注が30件となっていたら、投資家からは、どんどん売れなくなっているように見えます。

 

もちろん、嘘をつくことはできませんし、それが事実なのだから仕方ないだろうと思われるかもしれませんが、それで投資を打ち切られてしまったとしたら、その先の事業を続けることが難しくなってしまいます。

 

本当に売れなくなっていて、事業を畳みたいと思っているのならよいのですが、一月目に頑張って需要の先食いをしてしまったせいで、二月目、三月目と売上が落ち込んでいるのだとしたら、それは戦略の失敗であって、事業の将来性とは関係ありません。

 

たとえ受注件数の総数が同じでも、一月目が30件、二月目が40件、三月目が50件となっていれば、投資家からは、企業がどんどん成長しているように見えますから、投資を継続しようという気分になりますし、関係者も皆ハッピーになれます。

 

つまり、売上を立てるにあたっては、当初から右肩上がりになるように意識して、戦略を立てていくべきなのです。

 

例えば、一月目に50件の受注見込みがあったとしても、契約月を後ろにずらして、最初の月は30件に抑えておけばよいのです。

 

そうして、二月目に40件、三月目に50件と、常に来月の受注見込みをにらみながら、今月の受注件数を調整していくだけで、右肩上がりの成長曲線を演出することができます。右肩上がりというのは恐ろしいもので、勝ち馬に乗らんとさまざまな人が協力を申し出てくれるのです。

 

若い人は、いいニュースがあったら早く知らせたいとばかりに、すぐにすべてを開示してしまいますが、もし次の月にいいニュースが何もなかったとしたら、他人から見たときに成長が鈍化しているか、あるいは停滞しているかのように見えてしまいます。

 

「実際はそんなことはなくて、たまたま今月は何もなかっただけだ」という言い訳は「事実」ではあるのでしょうが、多くの部外者はただ見た目の印象だけで物事を判断してしまうのです。

 

ですから仕事で成果を挙げるのは当然として、その成果を十分に評価されたいと思うのであれば、最初から全力でフルスイングの表現をしないことです。営業であれば、最初から全力で受注しないで、受注見込みの企業を残すようにしておいて、常に前の月よりも成績が上がっているように見せます。そうすれば、どんどん成長して実力をつけているように見えるからです。

 

プライベートでも、意中の相手をデートに誘うのであれば、最初から三ツ星レストランでゴージャスなデートはしないほうがいいでしょう。徐々に前回のデートよりもアップグレードしてサプライズを演出してください。

 

最初に全力を見せないとあとが続かないのではないかと思われがちですが、最初だけ豪華で、あとがダウングレードしてしまうと、「最近、大切にされていない」とか「自分に興味がなくなったのかな」などと思われてしまいますよ。

 

あなたの人生が最も良く映えるのは、右肩上がりで成長しているときです。これはあなたのためだけではありません。上昇しているのを演出すれば、それを見た人も元気をもらえるので、周囲のためにもなっています。ですから恥ずかしがらずに、常に成長中で今が一番のピークであるかのように演出し、自分に期待を集めましょう。

 

最初は演出でも、そうやって自分を追い込むことであとから実力もついて、集まった期待が本物になるのです。

 

 

宮井 弘之

株式会社SEEDATA 代表取締役社長

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

株式会社SEEDATA 代表取締役社長

1979年生まれ。慶応義塾大学商学部卒。2002年博報堂入社。
情報システム部門を経て、博報堂ブランド・イノベーションデザイン局に在籍。新商品・新サービス・新事業の開発支援に従事。幅広い業界のリーディングカンパニーと300を超えるプロジェクトを経験。働きながら筑波大学でMBA(経営学修士)と博士号(経営学)を取得。
社内公募ベンチャー制度で採用され、近未来の消費者洞察データを基軸にイノベーション支援を展開するSEEDATAを起業、博報堂子会社として分社。現在は、SEEDATA代表取締役社長。法政大学や相模女子大学等で非常勤講師を歴任。

著者紹介

連載「洞察力」の専門家が指南~限界をラクに超える思考法

バカにされたら「ありがとう」 あなたの限界をラクに超える最強の洞察思考

バカにされたら「ありがとう」 あなたの限界をラクに超える最強の洞察思考

宮井 弘之

幻冬舎MC

アイデアを生み出す秘訣は、「洞察力」にあり! 普通の人が考える“常識"をずらして、新しい視点、着想、アイデアを提示する思考法を、目的ごとに紹介。 本書では、世間一般でいわれている“常識"を、著者が一つひとつ覆し…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧