白内障を「発症しやすい人」や「進行しやすい人」の特徴は?【眼科医が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

白内障と聞くと、高齢者の病気というイメージが強いのではないでしょうか。しかし、それは加齢が原因で発症する「加齢性白内障」が多いというだけであって、白内障には本来、様々な原因や種類があるのです。なかには10~30歳代が発症しやすいタイプも…。眼科医の筆者が解説します。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

10~30歳代がなる白内障も…白内障の「種類・原因」

白内障には、いくつかの種類があります。発症原因で分けた場合、加齢以外にもさまざまな原因があります。

 

************

●加齢性白内障

白内障の約9割は加齢によるもので、このタイプを「加齢性白内障」、または「老人性白内障」といいます。

 

●併発白内障

アトピー性皮膚炎や糖尿病、緑内障、ぶどう膜炎など、ほかの病気が影響して起きる白内障のことです。アトピー性皮膚炎では、目のかゆみでこすったり叩いたりすることから水晶体が傷つき、白内障になることがあります。また、緑内障では、瞳孔を縮める副交感刺激薬を長期間使用している影響で、白内障を起こすことがあります。

 

原因となった病気ごとに、「アトピー性白内障」や「糖尿病性白内障」といったりもします。併発白内障は、10~30歳代の若年層にも発症し、その場合には「若年性白内障」とも呼ばれています。

 

●先天性白内障

生まれたときから発症している白内障のことです。視力の発達に関わるため、早いうちに手術治療を受けることが大切です。

 

●外傷性白内障

目のケガや打撲などが原因で、水晶体が傷つき白内障になることがあります。

************

 

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー

 

手術に適したタイミングは、白内障を引き起こした原因によっても変わってきます。いずれにしても視力を守るには、日頃から目を大切に扱う、ということが大切です。

「濁る場所」が違うと、現れる症状も違う

また、加齢性白内障の場合には、水晶体のどこが濁るかによっても、現れやすい症状が変わってきます。水晶体は、中心にあたる「核」、その周辺にある無色透明の「皮質」、それらを包む「嚢(のう〔前嚢・後嚢〕)」で構成されています。卵に例えると、核が黄身、皮質は白身で、嚢が殻ということになります。白内障は、この黄身、白身、殻のどこが濁るかによって、大きく3つのタイプに分けられます。

 

①水晶体の白身が濁るタイプ

割合として最も多いのが、水晶体の周辺にある皮質から濁り始める「皮質白内障」です。図で描くと、くさび形に濁ってくるので、初めのうちは見えづらさなどを感じにくく、症状を自覚しにくいのが特徴です【図表】。進行すると、周りにある濁りが中心にかかってくるので、瞳孔が閉じるような明るい場所でまぶしい・見えにくい、夜間の運転中に対向車のライトがまぶしい、霧がかかったように見えるなどの症状が増えてきます。

 

【図表】皮質白内障

 

②水晶体の黄身(核)が濁るタイプ

次に多いのは、水晶体の中心の核が濁ってくる「核白内障」です。もともと近視の強い方、網膜剥離などの硝子体手術を行ったあとの方などに起こりやすい白内障です。

 

このタイプは、核が硬くなって水晶体の屈折率が変わるので、近視がどんどん強くなっていきます。老眼のある方では、一時的に手元が見えやすくなるため、なかには「老眼が治った」と感じる方も少なくありません。しかし、これは一時的な症状で、そのうちメガネの度数を上げても視力が出せなくなってきます。

 

色の判断がつきにくいのも特徴的な症状です。白内障が進行してくると、核が、だんだん茶色味がかってくるため、以前よりも視界が黄色っぽく見えるようになります。ただ、ゆっくりと時間をかけて変化していくので、気づかない人もいます。

 

③水晶体の殻(嚢)が濁るタイプ

水晶体は、「嚢」と呼ばれる薄い膜で覆われています。前側の膜が濁る「前嚢下白内障」は、アトピー性皮膚炎の患者さんによく見られるタイプ。一方、後ろ側の膜が濁る「後嚢下白内障」は、頻度は高くありませんが、糖尿病やステロイド薬の長期使用が原因で起きる白内障でよく見られます。後嚢下白内障は、光を受け取る網膜側が濁るので、比較的早く視力低下の症状が現れます。「明るいところでまぶしさを強く感じる」「急に視力が低下した」というような症状があれば、注意が必要です。

 

目で捉えた光が水晶体を通過するとき、その面積の広さは瞳孔の大きさに比例します。

 

光が通っていない部分の水晶体が濁っていても、視界への影響は少なく、この時点では自覚症状はほとんどありません。光が通っている部分が濁ったときに初めて「視界がかすむ」「見えにくい」という自覚症状として現れます。光が乱反射するようになれば「まぶしい」と感じるようになります。白内障の症状が、進行度や濁る場所によって変わってくるのは、このような理由からです。

 

 

中原 将光

中原眼科 院長

 

 

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー

 

 近日開催!注目のセミナー 

※ 【9/25開催】マレーシア・新ランドマーク 『THE SAIL』~5つ星ホテル投資の全貌

 

※ 【9/25開催】\相続税対策/不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ、情報解禁!

 

 9-10月開催のセミナー 

※ 【9/24開催】10年・年10%利回り保証「ベトナム・5つ星スパリゾートホテル投資」

 

※ 【9/29開催】資産はあるけど活用方法にお悩みの方必見のオンラインセミナー!

 

※ 【9/30開催】自己資金0円で始める!次世代のアパート経営「ROBOT HOUSE」の全貌

 

※ 【10/2開催】「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

 

※ 【10/2開催】節税+利回り6.16%!新感覚「グランピングリゾート」

 

※ 【10/13開催】次世代の医療~栄養状態に着目した診療ポイント【医師・歯科医師限定】

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産家ドクターになる「不動産投資」講座

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

中原眼科 院長

東京都武蔵野市生まれ。私立海城学園卒業後に国立浜松医科大学へ入学。医師免許取得後、2003年に東京医科歯科大学病院眼科の網膜硝子体グループにて研修を積み、2005年に深作眼科へ勤務。同時に横浜市大眼科医局に属し横浜市大センター病院にて網膜硝子体疾患の診療に非常勤医師として従事。

その後、国際親善病院眼科、県立足柄上病院の部長を歴任し地域医療に貢献。そして、深作眼科 副院長 兼 横浜院管理責任者就任。

手術の技術を求め、フリーランスの外科眼科医として全国で依頼手術を行い、気がつけば誰もが断る最高難度手術も引き受ける諦めないという技術とタフさを身につける。

理想の診療と手術を提供するため、中原眼科を開院。

<所属学会・資格>
アメリカ眼科学会、アメリカ白内障屈折矯正学会、ヨーロッパ白内障屈折手術学会、日本眼科学会認定専門医、日本抗加齢学会認定専門医、近視矯正手術ICL認定医、DSEAK角膜内皮移植認定医、緑内障iStent認定医、VISXエキシマレーザー認定医、VISXフェムトセカンドレーザー認定医、オルソケラトロジー認定医、光線力学療法(PDT)認定医、身体障害者福祉法指定医

著者紹介

連載スゴ腕サージャンが解説!最高の白内障手術

※本連載は、中原将光氏の著書『最高の白内障手術』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

スゴ腕サージャンが解説!最高の白内障手術

スゴ腕サージャンが解説!最高の白内障手術

中原 将光

幻冬舎メディアコンサルティング

誰もがなる病気、白内障。 白内障手術は以前と比べて簡単に行われるようになりましたが、だからこそ、医師の技術が手術の満足度を大きく左右します。 “最善・最良の白内障手術”は患者によって違います。大事なのはQOV…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧