50代の約半数が「白内障」…危険な見え方をセルフチェック (※写真はイメージです/PIXTA)

白内障には様々な原因がありますが、最も多いのは「加齢」です。しかも、高齢者の病気というイメージに反して、実は50歳代の約半数が発症しているのです。ただし白内障の症状は多岐にわたり、その「見えにくさ」が老眼や近視などの症状にも似ていることから、自分が白内障であることに気づいていないケースが少なくありません。眼科を受診すべきサインを紹介します。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

50歳代なら約半数、80歳以上ならほぼ皆が「白内障」

白内障は、いずれは誰もが発症する目の病気です。年をとれば老眼で手元が見えにくくなったり、髪に白髪が交じったりします。それと同じように、白内障は加齢に伴って起きてくる一種の老化現象といえます。

 

個人差はありますが、50歳代で約半数、60歳代で60%、70歳代では80%、80歳以上では、ほぼすべての人に加齢性の白内障がみられるといわれています。長生きをすれば、誰しもいずれは白内障と向き合うときがやってきます。

 

ですから、「白内障ですよ」と診断されても、「もう年か…」と落ち込む必要はありません。高齢者人口は増え続けていますから、今後、白内障の手術件数はますます増えていくことが予想されます。そのうち手術をして、“新たな目で第二の人生を送る”というライフスタイルが、当たり前になってきます。

 

また、白内障は、高齢者だけがかかる病気だと思われがちですが、なかには老化が原因ではなく、若い世代に起こる白内障もあります。それ以外にも実はいくつかの種類があり治療法もさまざまです。さらに「どう見えたいのか」によっても治療法が変わってきます。

 

人生100年時代。生涯を通して“見える目”を維持していくために、白内障のタイプや治療法について正しい知識を身につけておく必要があります。

 

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー

老眼や乱視と間違えることも…白内障の主な症状

白内障の代表的な症状は、視界がぼやける、目がかすむなど。そのほか、明るいところがやけにまぶしく感じる、眼鏡の度数が合わない、細かいものが見えないなど老眼に似た症状や、ものがダブって見える乱視のような症状が現れることもあります。

 

「核白内障」という水晶体中心が硬くなる白内障では、目に入る光の屈折率が変わり、一時的に手元が見えるようになって老眼が治ったように感じる方もいます。

 

このように、白内障には自覚症状だけでは判断できないくらい、多様な症状があります。

 

次のような症状があれば、眼科医への相談が必要です。

 

******************

<白内障によくある症状>

1:目がかすむ

最も多い症状。霧がかかったようになり、ものがかすんで見える。黄色味がかって見える。

 

2:明るいところでまぶしく感じる

屋外でまぶしさを感じる、ものが見えにくくなる。夜間には、車のヘッドライトや街灯の明かりがまぶしく感じる。

 

3:視力低下

細かい字がだんだん読みにくくなる。メガネが合わなくなった気がする(白内障の場合、老眼鏡をかけても見えにくさは変わりません)。

 

4:物がダブって見える

二重三重に物がダブって見える(白内障が起きているほうの目で見た場合)。

 

5:暗いところで見えにくい

暗いところでは以前より見えにくく感じる(網膜に届く光の量が減るため)。照明がついていても暗く感じる。

******************

 

白内障は概ね進行がゆっくりであるため、見え方の変化にそのうち慣れてしまって、本人がそれと気づかないことがよくあります。また、左右差もあり、片方だけが白内障になり、もう片方の目で視力を補っていることもよくあります。ご自身で見え方をチェックする場合には、片目ずつ見て確認していきます。

 

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー

なぜ「かすむ」「まぶしい」「ダブって見える」のか?

人の目の構造は、よくカメラに例えられますが、白内障は、レンズの役割をする水晶体が濁る病気です。一般に40歳頃から、少しずつ濁り始めます。

 

水晶体は、ラグビーボールのような形をした透明な組織です。水晶体の後ろの空間は、透明なゼリー状の物質「硝子体」で満たされており、そのさらに奥に、色や形や明るさを感じ取る「網膜」と呼ばれる薄い膜があります。水晶体は、目に入ってきた光を屈折させて、網膜に像を届ける役割をしています。しかし、白内障になると、本来透明であるはずの水晶体が濁ってしまうために、光が乱反射してうまく網膜に情報を届けられなくなってしまうのです【図表】。カメラに例えると、レンズが汚れているためにぼやけて写真がうまく撮れない(=視界がぼやける)状態です。

 

【図表】正常な目と白内障の目

 

このように、白内障は水晶体が濁ることで症状が現れます。水晶体の濁りを消す唯一の方法は、新しいレンズに入れ替えること。つまり、白内障を根本から治療するには水晶体を取り除き、新しい人工のレンズに入れ替える手術しか方法はありません。

 

手術を必ずしも急ぐ必要はありませんが、見えづらさは生活の質の低下につながります。人生100年時代に、何年も不自由な状態で暮らすのはつらいものです。趣味や仕事など、やりたいことを長く続けるためにも、“良く見える目”を取り戻す意義は大きいことです。自分にとって適切な時期を見極めて、手術を受けることが重要です。

 

ちなみに、目のなかで水晶体を支えているのは、「チン小帯」という細い繊維状の組織と「毛様体」という筋肉です。ものを見るときには、毛様体の働きによって水晶体の厚みを変え、ピント調節を行っています。しかし、水晶体は加齢とともに弾力を失って硬くなり、レンズの厚みを変えにくくなっていきます。こうしてピント調節が低下した状態が、皆さんもよくご存じの「老眼(老視)」です。

 

 

中原 将光

中原眼科 院長

 

 近日開催!注目のセミナー 

※ 【9/29開催】資産はあるけど活用方法にお悩みの方必見のオンラインセミナー!

 

※ 【10/2開催】「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

 

 9-10月開催のセミナー 

 

※ 【9/30開催】自己資金0円で始める!次世代のアパート経営「ROBOT HOUSE」の全貌

 

※ 【10/2開催】節税+利回り6.16%!新感覚「グランピングリゾート」

 

※ 【10/7開催】中小企業を救う「次期社長育成」緊急セミナー

 

※ 【10/13開催】次世代の医療~栄養状態に着目した診療ポイント【医師・歯科医師限定】

 

※ 【10/15開催】FC事業日本初!「eスポーツ」×「障がい者就労支援」ビジネスの全貌

 

※ 【10/16開催】大規模修繕で「資産価値」アップ!「信頼できる施工会社」の選び方

 

※ 【10/16開催】1棟アパート投資「利回り20%」「売却益2千万」を獲得!

 

※ 【10/22開催】「日本一富裕層に詳しい税理士」が教える税金対策・資産運用セミナー

 

※ 【10/23開催】最強の資産防衛術「都心・目黒×新築レジデンス×不動産小口化商品」

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産家ドクターになる「不動産投資」講座

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

中原眼科 院長

東京都武蔵野市生まれ。私立海城学園卒業後に国立浜松医科大学へ入学。医師免許取得後、2003年に東京医科歯科大学病院眼科の網膜硝子体グループにて研修を積み、2005年に深作眼科へ勤務。同時に横浜市大眼科医局に属し横浜市大センター病院にて網膜硝子体疾患の診療に非常勤医師として従事。

その後、国際親善病院眼科、県立足柄上病院の部長を歴任し地域医療に貢献。そして、深作眼科 副院長 兼 横浜院管理責任者就任。

手術の技術を求め、フリーランスの外科眼科医として全国で依頼手術を行い、気がつけば誰もが断る最高難度手術も引き受ける諦めないという技術とタフさを身につける。

理想の診療と手術を提供するため、中原眼科を開院。

<所属学会・資格>
アメリカ眼科学会、アメリカ白内障屈折矯正学会、ヨーロッパ白内障屈折手術学会、日本眼科学会認定専門医、日本抗加齢学会認定専門医、近視矯正手術ICL認定医、DSEAK角膜内皮移植認定医、緑内障iStent認定医、VISXエキシマレーザー認定医、VISXフェムトセカンドレーザー認定医、オルソケラトロジー認定医、光線力学療法(PDT)認定医、身体障害者福祉法指定医

著者紹介

連載スゴ腕サージャンが解説!最高の白内障手術

※本連載は、中原将光氏の著書『最高の白内障手術』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

スゴ腕サージャンが解説!最高の白内障手術

スゴ腕サージャンが解説!最高の白内障手術

中原 将光

幻冬舎メディアコンサルティング

誰もがなる病気、白内障。 白内障手術は以前と比べて簡単に行われるようになりましたが、だからこそ、医師の技術が手術の満足度を大きく左右します。 “最善・最良の白内障手術”は患者によって違います。大事なのはQOV…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!