「家賃もったいないから」家を購入した30代夫婦の悲惨な末路 (※写真はイメージです/PIXTA)

「マイホーム」の夢を持つ人は多いもの。賃貸に住み続けるならば、ローンを組んで家を購入したいという考えの方が多いようです。しかし、それは「得」なのでしょうか…? 農林水産省『農業経営の継承に関する意識・意向調査結果』(令和2年度)などを元に解説していきます。

【関連記事】築20年タワマン住み「年収1000万円男性」のあまりに酷い末路

一軒家を買ったのに、親族から予期せぬ連絡が…

首都圏に一軒家を買ったA夫婦(夫:35歳、妻:30歳)。

 

「家賃はお金を捨てているようなものだし、賃貸で暮らすのはもったいない。それならば同じくらいのお金を払って『資産』としての家を持とう」と夫婦そろって意見が合致し、35年ローンで家を買いました。

 

数年後、Aさん夫婦にまさかのお願いが舞い込みます。Aさんの遠い親戚が急逝し、親族から「家を継いでほしい」と依頼されたのです。

 

Aさんの家系は、とある地方で代々農業を営む名家。「土地を守る」ことは家業でもありましたが、数年に一回、正月に集うか集わないか程度の関係しかなかったAさんにとっては「関係のない話」でした。

 

突然の知らせにショックを受けつつも、Aさんの戸惑いは隠せません。買ったばかりの家を手放す? 地方に移住? 仕事もあり、到底無理なお願いに思えました。

 

Aさんは農業を継ぐべきか、継ぐとすれば家はどうすればよいのか。ここでは2つの視点から考えていきます。

 

【8月25日(木)開催セミナー】
エリア権の獲得は早いもの勝ち!社会貢献と安定収益を両立する「児童発達支援事業」の魅力

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ