手取り30万円・40歳の新婚男性「お金が全然ない」悲惨な末路 (※写真はイメージです/PIXTA)

晩婚化が進み、「教育費」「老後資金」をセットで考えなければならない世帯が増加しています。本記事では、「日本人の生活のリアル」について、国税庁『民間給与実態統計調査』(令和元年分)などをもとに解説していきます。

【関連記事】手取り26万円「親に激怒された。」31歳新婚男性の悲惨な末路

40歳男性の「あまりに辛い事情」

島田さん(40歳・男性/仮名)。39歳のときに3つ下の女性と結婚、同年一人娘が生まれましたが、日々の生活に強い不安を覚えていると語ります。月の収入は手取りで30万円程度。貯金は夫婦合わせて500万円です。

 

「今後の教育費や妻と僕の老後資金について考えると、惨憺(さんたん)たる思いがします。娘が20歳になるとき、僕は定年間際じゃないですか。大学在学中の独り立ちもできていない子どもを抱えて、大丈夫なのかと。もちろん嘱託社員か何かで働き続けるつもりではいますが、老い先を思うと、暗い気持ちになります」

 

国税庁『民間給与実態統計調査』(令和元年分)によると、日本の給与所得者数は5255万人で、平均給与は436万円。正規社員503万円、非正規社員175万円となっています。島田さんの手取り30万円は、年収だと450万円ほどの計算です。

 

今年で40歳の島田さん、今まで貯金はしてこなかったのでしょうか。意外な事情を明かしました。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

※本記事のインタビューではプライバシーを考慮し、一部内容を変更しています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧