リスクに直面する現金・預金重視の厚い壁 (※写真はイメージです/PIXTA)

日銀の資金循環統計によれば、2021年3月末、家計の金融資産に占める現金・預金の比率は54.3%だった。これは、米欧に比べ依然としてかなり高い。デフレ下においては、現預金の保有は正しい選択肢だったと言えるだろう。しかし、世界経済は物価安定期からインフレ期に移行する可能性が強まっている。現預金中心の構成では、購買力を維持できないリスクが高まった。

インデックスファンドより高いリターンを狙う!
「アクティブファンド特集」を見る

日本の家計:デフレ下での合理的な投資判断

日銀が6月25日に発表した資金循環統計によれば、2021年3月末、家計の金融資産は過去最高の1,946兆円になった。このうち現金・預金が1,056兆円で54.3%を占めている。米国の場合、現預金は13.3%、ユーロ圏でも34.6%であり、日本の個人金融資産における現預金比率は引き続き突出した状態にあると言えるのではないか(図表1)。

 

期間:日本、米国は2021年3月、ユーロ圏は2020年6月 出所:日銀、FRB、ECBのデータよりピクテ投信投資顧問が作成

[図表1]日本、米国、ユーロ圏における家計の金融資産構成 期間:日本、米国は2021年3月、ユーロ圏は2020年6月
出所:日銀、FRB、ECBのデータよりピクテ投信投資顧問が作成

 

一方、株式、投資信託の合計は、日本の14.3%に対し、米国は52.1%、ユーロ圏は25.9%だった。相対的に見て、日本の家計においては、金融資産を積極的に運用するよりも、価値を減らさないことが重視されてきたのだろう。

 

その背景には、2つの要因があるのではないか。1つは、多くの日本の世帯が引退期における退職金によって金融資産を積み上げる傾向があることだ。既に高齢期に入っており、リスクを負う投資には慎重にならざるを得ないと考えられる。

 

2つめの理由はデフレだ。物価下落期において、最も優れた資産運用の手段はキャッシュを保有し、実質購買力を増加させることである。1990年代に入り、世界的な物価安定の下で日本経済は構造的なデフレに陥った。物価下落の下、日本の家計は極めて合理的な投資判断をしたと言えるだろう。

金融資産の運用:求められるインフレ的発想への転換

2019年6月3日、金融審議会のワーキンググループが『高齢社会における資産形成・管理』との報告書を発表した。話題となったのは、退職後に生活水準を維持するため「20年で約1,300万円、30年で約2,000万円の(金融資産の)取崩しが必要」と指摘した部分だ。この計算は極めて大雑把であり、必ずしも実体を反映しているとは思えない。ただし、若年層を含めて老後への危機感を喚起し、資産運用への関心を高める1つの契機になったと言えるのではないか。

 

ちなみに、新型コロナ禍に見舞われた2020年度、フローベースで見ると、個人金融資産には54兆9,606円が流入した。このうち、投資信託にネットベースで3兆3,069億円が投資された一方、現預金への資金流入額は55兆3,654億円に達している(図表2)。

 

期間:2015年~2021年3月 出所:日銀のデータよりピクテ投信投資顧問が作成
[図表2]個人金融資産への資金流入(4四半期移動平均) 期間:2015年~2021年3月
出所:日銀のデータよりピクテ投信投資顧問が作成

 

また、株式の保有総額は47兆2,228億円増加したものの、それは株価の上昇による評価益の拡大であり、フローベースでは2兆4,262億円の資金流出だ。こうした数字を見る限り、印象と違って家計による現預金からリスク性資産へのシフトは進んでいない。

 

今後もデフレ期が続くのであれば、こうした家計の行動は正しいと言える。しかし、世界に目を転じると、インフレ圧力が強まりつつあるのではないか。旧ソ連が崩壊して以降、グローバリゼーションの下で中国、インド、東アジア諸国などの工業化が進み、それが先進国における物価安定に大きく寄与してきた。他方、足下は米中両陣営の対立が深まっており、国際社会の分断はコストの上昇を通じて物価を押し上げる可能性が強い。金融資産の運用に当たっては、デフレ的発想からインフレ的発想への大胆な転換が必要だろう。

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『リスクに直面する現金・預金重視の厚い壁』を参照)。

 

(2021年7月2日)

 

 

市川 眞一

ピクテ投信投資顧問株式会社 シニア・フェロー

 

\PR/ 年間延べ2000人以上が視聴!
カメハメハ倶楽部
「資産運用」セミナー

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【10/21開催】日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方

 

【10/21開催】徹底比較!「東南アジア」5ヶ国6都市不動産投資環境

 

【10/21開催】短期償却&長期安定収益狙いの「新規事業投資」徹底比較

 

【10/27開催】コロナ禍におけるM&Aの最新事情と案件説明会

 

【10/27開催】2022年の日本株式市場は?マーケットの見通しを解説!

 

【11/4開催】富裕層のための「交通トラブル」対応ポイント~弁護士が解説!

 

【11/4開催】地主の方必見! 相続税の「払い過ぎ」を回避する不動産の評価術

 

【11/10開催】企業オーナー向け「オペレーティングリース」投資の基礎講座

 

【11/10開催】異色の運用会社による、絶対収益を追求するヘッジファンド戦略とは?

ピクテ投信投資顧問株式会社 シニア・フェロー

日系証券の系列投信会社でファンドマネージャーなどを経て、1994年以降、フランス系、スイス系2つの証券にてストラテジスト。この間、内閣官房構造改革特区評価委員、規制・制度改革推進委員会委員、行政刷新会議事業仕分け評価者など公職を多数歴任。
著書に『政策論争のデタラメ』、『中国のジレンマ 日米のリスク』(いずれも新潮社)、『あなたはアベノミクスで幸せになれるか?』(日本経済新聞出版社)など。
2011年6月よりテレビ東京『ワールドビジネスサテライト(WBS)』レギュラー・コメンテーター。

著者紹介

ピクテは1805年、スイス、ジュネーブにおいて会社創設以来、一貫して資産運用サービスに従事し、運用サービスに特化したビシネスモデルを展開してまいりました。信用格付ではフィッチ・レーティングスからAA-の格付けを取得しております(2018年5月末現在)。注:上記の格付はピクテ・グループの銀行部門の債務の信用に対するもので、運用部門や運用能力に関するものではありません

1981年、日本経済や株式市場の調査を目的に東京事務所を設立しました。その後、1987年から機関投資家を対象とした資産運用サービス業務を開始、1997年には投資信託業務に参入し、運用資産総額は1.98兆円となっています(2018年12月末現在)。外資系運用機関の大手の一角として、特色ある資産運用サービスをお届けしております。

著者紹介

連載PICTETマーケットレポート・Deep Insight

【ご注意】
●当レポートはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ投信投資顧問株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当レポートに記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当レポートは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当レポート中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。
●当レポートに掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧