憧れだったタワマンでの生活。老後はゆっくり過ごそうと考えていたところ、まさかの事態が発生して……? ※幻冬舎ゴールドオンライン2021年上半期ヒット記事特集! 本記事では「日本人のお給料事情」について見ていきます。
急転直下!「タワマン・年金暮らし夫婦」を襲ったまさかの事態

退職金を使ってタワーマンションを購入したものの…

共働きだったA夫婦。「ちょっと早めのリタイアをして、老後くらいはゆっくり過ごそう」ということで、夫婦ともに早期退職。退職金を使ってタワーマンションの住宅ローンを繰り上げ返済し、完済しました。

 

A夫婦の両親はともに他界。子どもはおらず、きょうだいを含め親戚とも疎遠になっていることから、2人には「お金を貯める」「資産を誰かに残す」という考えはありませんでした。貯金は少ないものの、日銭に困ることはありません。このまま生活する分には問題ないだろうと考え、質素ながらも楽しい老後を過ごしていました。

 

しばらくして年金生活に入り、楽しく老後を過ごしていたA夫婦でしたが、突然の知らせに戸惑います。「タワーマンションの大規模修繕」でまとまったお金が必要になるというのです。

 

(写真はイメージです/PIXTA)
(写真はイメージです/PIXTA)

 

マンションに長く住んでいると、経年劣化によるさまざまな問題が生じます。国土交通省『平成30年度 マンション大規模修繕工事に関する実態調査』によると、多くのマンションで、1回目の大規模修繕工事は13年~16年の間、2回目の修繕工事は26年~33年の間に、3回目の修繕工事は37年~45年の間に行われています。

 

長く快適に住み続けるには、定期的な修繕が必要です。特にタワーマンションのような超高層ビルでは費用が高額になることもあり、事前の準備がさらに重要になります。

 

多くの場合、マンションの大規模修繕は月額1万円前後の積立金から支払われます。しかし、A夫婦のマンションでは月々の修繕費が2000円で、大規模修繕を行うときに一括で50万円支払うことになっていました。

 

この金額は決して高いほうではありません。同調査によると、タワーマンションの大規模修繕では大規模修繕工事の1戸あたりの負担額は、75万円~100万円は30.6%、100万円~125万円は24.7%、50万円~75万円は13.8%となっています。