40歳・手取り17万円「毎日カツカツです。」独身男性の末路 (※写真はイメージです/PIXTA)

寿命が伸びるなかで膨れあがる老後生活費、その一方で減額続きの年金、ふえることのない給料、どんどん高くなる税金と社会保険料……「日本人の生活のリアル」について、国税庁『令和元年分 民間給与実態統計調査』などをもとに解説していきます。

【関連記事】手取り40万円・50歳・課長「本当にお金がない」悲惨な末路

手取り17万円「実家暮らし一人っ子長男」の悲鳴

佐藤さん(40歳・男性/仮名)。大学卒業後、エンジニアとして働いていましたが、6年目のとき、あまりの過労で倒れ、退職。1年の休養を経て社会復帰を果たすも、どの仕事も長く続かず、4年前、実家に帰ってきました。

 

現在は司法書士事務所で事務方を担当しており、月の手取りは17万円にほどになります。

 

「実家暮らしなので問題ないですが、一人暮らしは厳しいというか、無理な金額ですよね。なのでこの先も父と母と一緒に生きていく予定です」

 

国税庁『令和元年分 民間給与実態統計調査』によると、日本の給与所得者数は5255万人で、平均給与は436万円。正規社員503万円、非正規社員175万円となっています。ちなみに男女別に見てみると、最も多い割合を占めているのは、男性の場合、年間給与額400万円超500万円以下(532万人)、女性の場合は100万円超200万円以下(526万人)でした。

 

佐藤さん一家、都心まで電車で1時間ほどの首都圏近郊に暮らしています。部屋の家賃11万円、築20年の2LDKです。実家を出るという選択肢はないのか尋ねてみれば、意外な事情と複雑な心境を明かしました。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

※本記事のインタビューではプライバシーを考慮し、一部内容を変更しています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!