開成中学校・高等学校に「ピアノの授業がある」…さすがの理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

音楽教室を主宰する筆者は、音楽に親しむことで「論理的思考力」も鍛えられると主張します。実際、多くの東大合格者を出している開成中学校では生徒全員がピアノを弾いており、高校になると作曲の授業も選択できるそうです。音楽が育む素晴らしい力について、見ていきましょう。

演奏できるようになると「論理的思考力」が鍛えられる

曲を演奏できるようになるということは、その曲の構成を客観的に捉え、分析し理解できるようになるということです。

 

ソルフェージュなどを通して音楽に親しんだ子どもたちは、音楽に対する鋭い感覚を身につけ、音楽への興味・関心を深めていきます。それと同時に、曲と向き合い分析し理解することによって、自然と論理的思考力が鍛えられていきます。その結果、高度な演奏技術や表現力を習得していくことになるのです。

 

西洋のクラシック音楽の楽曲は論理的に構成されていることがほとんどなので、音楽を学ぶことは、作曲者の意図や論理的思考の道筋をたどることになります。そうすることを通して楽曲を正しく解釈し、説得力のある表現を作っていきます。

 

一方で、現在のAI技術はどうでしょうか?

 

イギリスのディープマインド社のサイトでは、AI技術を用いて自動作曲した「曲」のサンプルを聴くことができます。これは、人工知能にピアノ曲を「波形」としてインプットし、特徴量を抽出し、確率過程に乗せて波形を繰り出すという形で作られたものです。

 

※2010年にDeepMind Technologiesとして起業され、2014年にGoogleの傘下に入る。AIによる囲碁対局ソフト「AlphaGo」を開発し、2016年にトップレベルのプロ囲碁棋士を史上初めて破ったことでも話題を集めた。

 

10秒程度のサンプルは、確かにロマン派から近代のピアノ曲風の音源にはなっています。ただ、今の人工知能にできることはそこまでです。人工知能は一曲全体を通して論理的な構成をすることができないため、自動作曲された楽曲は聞くに堪えないものになるのだそうです。

 

【コラム】開成中学校・高等学校にはピアノの授業がある

東京大学の合格者数が全国で最も多いことで知られる開成中学校・高等学校では、音楽教育を非常に重要視しています。

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(PTNA)のサイトに掲載されている「開成中では全員がピアノを弾いている!」という記事によれば、中学校ではピアノの演奏方法が教えられ、高校では作曲の授業も選択できます。その授業では、音楽大学でも使われているテキストが用いられているというのですから本格的です。

また、東大に合格するためには、例えば次の一文で示されているように論理的思考力が不可欠であるといわれています。

「実は東大の問題というのは、(中略)『知識の運用能力』を問うものばかりなのです。最低限の知識しか求めないけれど、論理的思考力がないとどんなに頑張っても解くことができない、そんな問題が多いのです。」(サイト「現代ビジネス」中の西岡壱誠著「現役東大生が教える『論理的に考える力』の鍛え方 東大入試で問うのは『知識量』ではない」より)

開成中学校・高等学校が数多くの東大合格者を生み出し続けているのは、もともと勉強熱心な生徒が集まっていることもあるのでしょうが、もしかしたら同校の音楽教育の効果も少なからず影響しているのかもしれません。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

小林音楽教室 主宰

上野学園大学音楽学部卒業。大学在学中の1990年に小林音楽教室(旧:小林ピアノ教室)を創業。
ピアノと音楽の基礎教育であるソルフェージュを一体化させた独自の指導法には定評があり、これまで指導に携わった生徒は2000名に及ぶ。
現在、東京都内数カ所(新宿、麻布ほか)に直営教室を構え、数十人の音楽講師とともに、幼児から大人までを対象に、ハイクオリティで総合的かつ多様な音楽教育を展開している。

著者紹介

株式会社レゼル
代表取締役

東京工業大学大学院修了後、国内大手SIerを経て、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程(MBA)在学中に同社を設立。幼少期からピアノに親しみ、小林音楽教室を経営する小林洋子氏と出会い音楽教育に携わるようになる。現在は小林音楽教室の経営管理全般を担う。

著者紹介

連載「音楽教育」を通じて子どもの能力を伸ばす方法

※本記事は、小林洋子氏と沼田峰紀氏の共著『これからの時代を生きるすべての子どもたちへ 音楽教育のススメ』(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

これからの時代を生きるすべての子どもたちへ 音楽教育のススメ

これからの時代を生きるすべての子どもたちへ 音楽教育のススメ

小林洋子、沼田 峰紀

幻冬舎メディアコンサルティング

「そろそろ、うちの子にもピアノを習わせようかしら……」 春先になると、そうやってお子さんの進級・進学のタイミングで音楽教室を検討し始める保護者の方が増えます。 しかし、限られた時間のなかで、お子さんにとってど…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧