築20年タワマン住み「年収1000万円男性」のあまりに酷い末路 (※写真はイメージです/PIXTA)

「下流老人」「老後破産」…なんとも辛い言葉が多くなった昨今。老後に必要なお金、貯められていますか? 厚生労働省『賃金構造基本調査』などをもとに解説していきます。

【関連記事】年収500万円夫婦が「家賃20万円タワマン」で後悔してること

「1000万円プレーヤー」何の不自由もなかったはずが

不動産デベロッパーだった下野さん(55歳・男性/仮名)。俗に言う「1000万円プレーヤー」でしたが、もう十分に働いたと、早期退職を決意。その後は比較的裕福な生活を送っていました。

 

国税庁のレポート『令和元年分 民間給与実態統計調査』によると、正規社員の平均給与は約503万円です(非正規社員の平均給与は約175万円)です。平均よりもはるかに多い給料をもらっていたことに加え、勤続年数が長かったこともあり、退職金はなんと2000万円。世間を騒がせた「老後2000万円問題」もこれで心配いらないや、と一安心でした。

 

下野さんが住むのは、首都圏近郊、築20年の1LDKタワマンです。賃料は25万円。家族3人暮らしでしたが、結婚を機に娘は地方に移住、ここ数年は妻と2人で仲良く暮らしていました。

 

しかし、突然の悲劇が下野さんを襲います。亡くなった父が、実は連帯保証人だったことが判明したのです。一人っ子長男だった下野さん。母はすでに他界しており、遺産はすべて相続していました。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧