暗号資産、FX、海外証券投資…商品でどう変わる?「所得税の課税方法」を税理士がポイント解説 (※写真はイメージです/PIXTA)

「余剰資金でFX投資をしている」「最近話題になっている暗号資産に投資した」。そのような人々が確定申告の時期に「こんなはずじゃなかった!」と落胆するのが、所得にかかる税金ではないでしょうか。投資を行う際は、得られる利益などの損得だけではなく、税金面も含めて充分に考慮する必要があります。今回は、暗号資産、FX、海外証券といった比較的新しい金融商品の課税方法について、国際相続や国際資産税に詳しい税理士法人ベリーベスト所属の税理士、佐下谷彩代氏が解説します。

FX(国外FX口座)…国内とは税制の取り扱いが異なる

国内においてすでにFX投資を行っている場合、国外FX口座でのハイレバレッジな取引に魅力を感じる方も少なくないでしょう。しかし、上述の国内FX口座とは税制の取り扱いがまったく異なりますので注意が必要です。

 

【FX(国外FX口座)の課税方法の特徴】

①雑所得として総合課税

②累進税率が適用される

③損失が出た場合の損益通算ができない

④損失の繰り越しができない

 

課税方法の特徴を見てわかる通り、暗号資産と取り扱いがまったく同じです。つまり、収入が高ければ高いほど、高い税率が適用され、他の所得との損益通算や繰越控除も認められていません。

 

特に国内FX口座ですでに取引を行っている方が押さえるべきポイントは、「国内FX口座の損益と国外FX口座の損益は相殺できない」という点です。

 

同じFXではあっても課税方法が異なるため、まったく別物としてとらえておく必要があるのです(国外FX口座の損益同士、または同じ取り扱いの暗号資産の損益とは通算が可能です)。

 

ハイレバレッジで商品としての魅力はとても高い半面、税コストが高いという側面をしっかり理解しておきましょう。

株式投資(国外証券口座)…国内証券口座との違いは?

富裕層の方のなかには、海外証券会社の現地口座で株式投資を行う方も多くいらしゃいます。海外の証券口座は外国債券や外国投資信託のラインアップが豊富で、国内証券会社が取り扱っていないものも多く存在します。

 

必ず押さえておいていただきたいのは、日本の証券口座で取引する場合と海外の証券口座で取引する場合では税制が異なるという点です。また、海外証券口座で生じた損益についても、必ず確定申告が必要となります。今後、国外証券口座での投資をお考えの方も課税方法の特徴をしっかりと理解しておきましょう。

 

【海外証券口座を通じた配当金、債券の利子】

①配当所得、利子所得として申告分離課税

②配当控除を受けることができない

 

【海外証券口座を通じた株式の譲渡損益】

①譲渡所得として申告分離課税

②国内証券口座を通じた譲渡損益との損益通算ができる

③配当所得や利子所得との損益通算はできない

④損失の繰り越しができない

 

最大のポイントは、配当や利子所得との損益通算ができないという点です。国内外問わず、株式の譲渡損益同士であれば損益通算をすることが可能です。しかし、それでもなお残ってしまった海外証券口座を通じた譲渡損失については、配当や利子所得との損益通算が認められず、また損失の繰越控除も認められていません。

 

(国内証券口座を通じての取引であれば株式譲渡損失と配当所得との相殺は認められています)

 

こちらも国内証券会社を通じた取引と同一の取引であると混同されがちで、想定外の納税が発生する可能性があります。しっかりとメリットデメリットを把握した上での投資判断が必要となります。

 

■まとめ

世界には魅力的な金融商品が多数あります。今後、グローバル化が進むのではと予想される富裕層の方の資産形成においては、商品の特性に応じた所得の課税方法をしっかり把握し、綿密なポートフォリオ形成をしていく必要があります。

 

※2021年3月現在の法令等に従い執筆しております。法改正などにより、内容が変更となる可能性があります。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

税理士法人ベリーベスト・税理士
一般社団法人海外財産を守る会・コンサルタント
 

関西大学商学部卒業後、日本航空にて国際線客室乗務員として乗務。その後、キーエンスにて重点顧客担当営業、新規事業の拡大に従事。ベンチャー企業での人事採用職を経て、一念発起し税理士試験に挑戦し合格、税理士資格を得る。
税理士法人ベリーベストへ入社後は日本航空で培った英語力、キーエンスで培った問題解決能力を活かし、富裕層の税務コンサルティングを含む相続及び資産税業務に注力している。特に国境を越えた投資案件対応・世界各国に親族がいる場合の業務に力を発揮し、顧客からの信頼は厚い。
2019年より海外に財産を持つ資産家を対象とした海外財産保全・円滑な国内への持ち帰りを支援する一般社団法人海外財産を守る会のコンサルタントとしても活動している。

税理士法人ベリーベスト https://www.vbest-tax.jp/
一般社団法人海外財産を守る会 https://www.protectfa.org/

著者紹介

連載弁護士・税理士が教える資産防衛の基礎知識

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ