子を預けてまで仕事をする必要があるのか…「育休明けの母親」が抱える苦悩

女性の活躍が推進されている時代でありながら、多くの女性が出産や育児をきっかけに働くことを諦めている今の日本。その理由として、保育園を巡る問題が挙げられます。今回は、ベビーシッター事業、保育園事業、病院内保育園委託事業、企業主導型保育園のFC事業、人材育成・派遣・紹介事業などを展開する株式会社マザーグース代表取締役の柴崎方恵氏が、現代日本を取り巻く「保育環境」について解説していきます。

マミー・トラックに乗ることを本人が望んでいない場合

仕事を優先する人が歩むのは「ファスト・トラック」と呼ばれる出世コースです。それに対し、仕事と家庭を両立したいと望む人に用意される道を、シュワルツは「マミー・トラック」と名付けました。育児休業やワークシェアリング等の制度整備を企業に提案し、仕事と育児の両立を目指すことで、多様な生き方や働き方の実現につながると考えたのです。

 

マミー・トラックを選択すれば、仕事の分量を減らしたり、責任の重い仕事を避けたりすることができるので、仕事と子育てとの両立はしやすくなります。子どもと過ごす時間を多く取りたいと望む場合は、メリットが大きいといえます。

 

しかし、仕事の内容としては、どうしても補助的な業務を割り当てられることが多くなり、その結果としてキャリアアップの道が閉ざされてしまうというデメリットがあります。また、出産前の役職から降格したり、仕事の内容が大幅に変わったりすることで、給与が大幅に下がることもあります。

 

マミー・トラックに乗ることを本人が望んでいればよいのですが、周囲の過剰な配慮によって重要な仕事を任せてもらえず、結果的にマミー・トラックに乗ってしまった場合は、本人が仕事にやりがいを見いだせなくなり、「子どもを預けてまで、この仕事をする必要があるのだろうか」と働くことに対するモチベーションが下がってしまうことがあります。仕事と育児の両立はできたとしても、キャリアと育児は両立できないからです。

 

このようなミスマッチは、育児休業を取り入れたことのない会社にも多く見られます。育児休業を利用する側も、受け入れる側も、どうしてよいのか分からないままに遠慮しながら進めてしまうと、会社側も社員側も、それぞれが「こんなはずではなかったのに」ということになりかねません。

 

 

株式会社マザーグース代表取締役

柴崎方恵

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

株式会社マザーグースホールディングス 代表取締役

大学卒業後、ソニー株式会社入社。結婚、出産を機に元夫の会社を手伝うために退社し、ベビーシッター請負会社を設立。ベビーシッター請負、ホテル内保育、イベント保育、認可保育、病院内保育園委託、企業主導型保育園と、女性の活躍を支援する事業を展開している。公益社団法人全国保育サービス協会で2期理事を務める。

著者紹介

連載出産・育児による離職ゼロを実現…「企業がつくる保育園」の全貌

出産・育児による離職ゼロを実現!企業がつくる保育園

出産・育児による離職ゼロを実現!企業がつくる保育園

柴崎 方恵

幻冬舎メディアコンサルティング

女性の活躍が推進されている時代でありながら、多くの女性が出産や育児をきっかけに働くことを諦めている今の日本。その理由として、保育園を巡る問題が挙げられます。保育園が自宅や職場から遠いせいで、想定していた以上に労…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧