毎月の給与よりずっと高額だが…「白血病を発症した教師」が個室治療を選んだワケ

2度の造血幹細胞移植を経て、2019年春に復職を果たした私立学校の理科教員である向井健一郎氏の書籍『ボクは、笑顔でできている~多くの人に支えられて、白血病と闘うことができました~』より一部を抜粋・編集し、「白血病」の闘病生活について見ていきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

白血病の治療の「3段階の行程」とは?

白血病の治療には、「寛解(かんかい)導入療法」と「地固め療法」と「維持療法」の3段階の行程があります。

 

「寛解導入療法」は、骨髄のなかで増えてしまった白血病細胞を5%以下まで減らすことを目的に、抗がん剤を使用して行う治療で、期間は3~4週間かかります。最初に行う治療で抗がん剤を使用するため、食欲不振・口内炎・吐き気・便秘または下痢・脱毛・皮膚のかゆみなどの副作用が起こります。

 

次に「地固め療法」を行いますが、これは5%以下になった白血病細胞をさらに減らすことを目的に行う治療で、「寛解導入療法」が終了してから1週間程度の休養(体力回復など)をした後に治療を開始します。

 

この治療でも強い抗がん剤を使用するため、同じような副作用が起こります。治療期間は「寛解導入療法」と同じように3~4週間かかります。

 

最後に「維持療法」を行います。これは、白血病細胞がほとんどなくなったと判断されたときに、その状態を維持するために行う治療で、少量の抗がん剤を投与しながら体調管理を続けていくものです。

 

これは、完全寛解(白血病細胞がない状態)を維持した状態で1年から2年続けられ、完全寛解が5年間以上続けば急性リンパ性白血病は「治癒した」と考えられます。

 

また、地固め療法が終わった後で「造血幹細胞移植」を行うことがあります。これは白血病細胞の基になる造血幹細胞をほかの人のものに取り替えるもので、白血病の根本的な治療と言えるもの、いわゆる「骨髄移植」と呼ばれる治療方法です。

自分の白血球の型に合うドナーを探すのが難しい…

自分の白血球の型に合うドナーを探すのが難しく、なかなか簡単ではない治療方法ですが、根本的に治すにはこれしかないとも言える治療方法なので、最終的にはこの治療法を選ぶことも考えなくてはいけません。

 

ただ、投薬治療だけで白血病がほぼ治癒したという人も存在しますし、造血幹細胞移植をするかしないかは、担当医師と患者さんの判断によります。

 

説明のとおり、基本的には抗がん剤の投与を中心とした治療になりますが、抗がん剤の副作用による苦しみは映画やドラマでも知るところだと思います。当然、入院生活に対しての不安が大きいところなので、著者は治療を開始した次の日に、私と妻でよく考えて個室の病室(一人部屋)に移ることにしたのです。

 

よく考えた結果、個室に移動することに(画像はイメージです/PIXTA)
よく考えた結果、個室に移動することに(画像はイメージです/PIXTA)

 

 

その理由の一つは、著者は今までに大きな病気をしたことがなく、単純に長い入院がどんなものかわからなかったので、大部屋(4人部屋)だったら同じ病室の患者さんとうまくやっていけるだろうかとか、いびきがうるさい人や性格のきつい人がいたらどうしようとか、いろいろな心配が治療の妨げになるかもしれないと思って、とりあえず最初は個室にしようと決めました。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『ボクは、笑顔でできている~多くの人に支えられて、白血病と闘うことができました~』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。最新の法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!