21歳の家出女性が家賃滞納「言えなかった。」司法書士に明かした“複雑な真実”

「家賃滞納は普通の人が堕ちる破滅への入り口である。」……2500件以上の家賃滞納トラブルを解決してきた、OAG司法書士法人代表の太田垣章子氏。同氏は書籍『家賃滞納という貧困』(ポプラ社)のなかで、その悲惨な実態を明かしている。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

父に電話をすると「お恥ずかしいことですが実は…」

これは家出かな……。直感的にそう感じましたが、ここで問い詰めても仕方がないので、このまま滞納が続けば、この先どのように手続きが進んでいくかを説明し、この日は部屋を後にしました。

 

加奈さんは家賃保証会社を利用しているため、連帯保証人がついていません。緊急連絡先に、お父さんの名前が書いてありました。緊急連絡先なので滞納額の請求等はできませんが、親御さんのお考えを聞いてみようと、気になったので電話してみました。

 

山本俊夫さん、46歳。電話をかけると、加奈さんのことがとても心配だったのでしょう。その時の様子を、一生懸命に聞いてこられました。

 

**********************************************

お恥ずかしいことですが、加奈は今までも何度か家出を繰り返しています。そのたびに連れ戻すのですが、家の柱にくくりつけておくわけにもいかず、またスマホ片手に出て行ってしまう。親として、どうしたらいいのか分からない。どこから対応を間違ってしまったのか、何が正解なのか分からないのです。他の親御さんたちには、こんな悩みはないのでしょうか。

**********************************************

 

俊夫さんの苦悩が伝わってきます。

 

昔は電話がかかってくれば、親が電話を取り次ぎ、子どもはリビングで話しました。だから当たり前のように、子どもの考えていることも交友関係も把握することができました。でも個々の通信機器で連絡をとるようになれば、親は子どもの口からしか情報を得ることはできません。思春期の難しい年齢になると、ますます溝は深まります。

 

**********************************************

加奈の姉は、どちらかというと優等生。だから私たちも、子育てをこんなもんだと思ってしまったのかもしれません。だから姉とは違う加奈には戸惑ってしまって、どうしていいのか分からないのです。

 

姉は自分のやりたいことを自分から言ってきて、それに向かって黙って努力する。ところが、加奈は何も言ってこない。高校を卒業して、進学するでもなく、ちゃんと働くでもない。それでちょっと叱ったら、家を出てしまう。

 

今回の家出はいつもより長くて、連絡しても反応がないから困っていたんです。もう経済力がないこんな子に、部屋を貸さないで欲しい。あ、でもそうなると、風俗とかに行かれても困ってしまうか。居場所が分かって、とにかくホッとしました。

**********************************************

 

\\2/10開催//
令和4年度税制改正を徹底解説!「日本一富裕層に詳しい税理士」が教える
経営者・企業オーナーのための「節税対策」2022 

OAG司法書士法人代表 司法書士
株式会社OAGライフサポート 代表取締役 

30歳で、専業主婦から乳飲み子を抱えて離婚。シングルマザーとして6年にわたる極貧生活を経て、働きながら司法書士試験に合格。
登記以外に家主側の訴訟代理人として、延べ2500件以上の家賃滞納者の明け渡し訴訟手続きを受託してきた賃貸トラブル解決のパイオニア的存在。
トラブル解決の際は、常に現場へ足を運び、訴訟と並行して賃借人に寄り添ってきた。決して力で解決しようとせず滞納者の人生の仕切り直しをサポートするなど、多くの家主の信頼を得るだけでなく滞納者からも慕われる異色の司法書士でもある。
また、12年間「全国賃貸住宅新聞」に連載を持ち、特に「司法書士太田垣章子のチンタイ事件簿」は7年以上にわたって人気のコラムとなった。現在は「健美家」で連載中。
2021年よりYahoo!ニュースのオーサーとして寄稿。さらに、年間60回以上、計700回以上にわたって、家主および不動産管理会社向けに「賃貸トラブル対策」に関する講演も行う。貧困に苦しむ人を含め弱者に対して向ける目は、限りなく優しい。著書に『2000人の大家さんを救った司法書士が教える 賃貸トラブルを防ぐ・解決する安心ガイド』(日本実業出版社)、『家賃滞納という貧困』『老後に住める家がない!』(どちらもポプラ新書)がある。

著者紹介

連載GGO大ヒット連載ピックアップ~『家賃滞納という貧困』

家賃滞納という貧困

家賃滞納という貧困

太田垣 章子

ポプラ社

家賃滞納は普通の人が堕ちる破滅への入り口である。あなたも、明日陥るかもしれない!2200人以上の家賃滞納者と接した司法書士が明かす驚愕の実態!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧