家賃滞納100万円の高齢男性がどうしても転居したくない事情【司法書士の実録】

コロナ感染拡大の影響によってアルバイトの回数が減らされてしまい、家賃が払えなくなってしまった事例が相次いでいます。※本記事では、OAG司法書士法人代表の太田垣章子氏の書籍『不動産大異変:「在宅時代」の住まいと生き方』(ポプラ社)から一部を抜粋・編集し、実際のトラブル事例を紹介していきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「子どもが会いにきてくれるかなと思ってたんです」

「またコロナでアルバイトが減ってしまいました。もうダメだな。やっぱり引っ越さないとやっていけそうにありません……」

 

新型コロナウイルスで、安住さんのアルバイトはどんどん減っていきました。毎日のように求人を探しても、75歳では働ける場がありません。今までも知り合いのところで車を洗ったり、いろいろな力仕事をしていましたが、知人から仕事を減らされてしまえば、次の仕事の確保は難しいでしょう。

 

「頑張っていれば子どもが会いにきてくれるかなと思ってたんです。でももう決心がついた。引っ越し先が決まったら、また連絡します」

 

引っ越し後も滞納額を分割で支払っていかねばなりません。それも考慮しての家賃設定で、部屋を探してもらうことになりました。

 

「踏ん切りがついただけでも、新型コロナウイルスのおかげかもしれない」

 

今までお子さんのことを考えて、この物件で踏ん張ってきたことが、皮肉にも新型コロナウイルスによって方向転換を強いられることになりました。ただ安住さんにとって、長い目で見ればいい選択だと思います。

 

あとは貸してくれる物件が見つかるかどうか……。

 

「知り合いにも声をかけつつ、いちど役所に相談してみます」

 

収入が減りつつある中、75歳の安住さんの転居先が見つかるでしょうか。せっかく決意した心が折れないように、私も一緒に部屋探しをすることにしました。

 

約2カ月。安住さんの知り合いのご尽力で、幸運にも新天地が見つかったのです。新型コロナウイルスのせいで訴訟手続きが通常より大幅に遅れていたので、裁判の日よりも前の退去となります。明け渡しが完了すれば、訴訟も取り下げができます。早くの退去となれば、家主さんの負担も少なくて済みます。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

OAG司法書士法人代表 司法書士
株式会社OAGライフサポート 代表取締役 

30歳で、専業主婦から乳飲み子を抱えて離婚。シングルマザーとして6年にわたる極貧生活を経て、働きながら司法書士試験に合格。
登記以外に家主側の訴訟代理人として、延べ2500件以上の家賃滞納者の明け渡し訴訟手続きを受託してきた賃貸トラブル解決のパイオニア的存在。
トラブル解決の際は、常に現場へ足を運び、訴訟と並行して賃借人に寄り添ってきた。決して力で解決しようとせず滞納者の人生の仕切り直しをサポートするなど、多くの家主の信頼を得るだけでなく滞納者からも慕われる異色の司法書士でもある。
また、12年間「全国賃貸住宅新聞」に連載を持ち、特に「司法書士太田垣章子のチンタイ事件簿」は7年以上にわたって人気のコラムとなった。現在は「健美家」で連載中。
2021年よりYahoo!ニュースのオーサーとして寄稿。さらに、年間60回以上、計700回以上にわたって、家主および不動産管理会社向けに「賃貸トラブル対策」に関する講演も行う。貧困に苦しむ人を含め弱者に対して向ける目は、限りなく優しい。著書に『2000人の大家さんを救った司法書士が教える 賃貸トラブルを防ぐ・解決する安心ガイド』(日本実業出版社)、『家賃滞納という貧困』『老後に住める家がない!』(どちらもポプラ新書)がある。

著者紹介

連載「不動産大異変」恐ろしすぎる家のトラブル

不動産大異変:「在宅時代」の住まいと生き方

不動産大異変:「在宅時代」の住まいと生き方

太田垣 章子

ポプラ社

著者は、20年にわたり2500件以上の不動産トラブルを扱ってきた異色の司法書士。 業界紙・業界誌などでの連載や「家賃滞納という貧困」「老後に住める家がない!」などの著作を通じて(ともにポプラ新書)、業界では知らない人…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!