「ちょい古物件」オーナー、コロナ禍で巡ってきた投資チャンス

コロナ禍の影響で住まいへのニーズは大きく変化しています。賃貸市場においても「家族の目を気にせずweb会議に集中したい」「自宅での時間を有意義に過ごしたい」等のニーズに適応した住宅提案が求められているのです。これからの時代に適した住宅リフォームのアイデアを紹介します。

「ちょい古物件」におすすめのリフォーム・アイデア

●水回りを「極力コンパクト化」

 

コロナ禍の賃貸市場では、室内設備を必要最小限にまとめたスタイルがトレンドとなります。もっとも顕著なのは水回りです。バスルームがあっても浴槽にお湯を張る日はほとんどない人も増えてきており、バスルームをシャワーブースに置き換えても生活に支障は来しません。余ったスペースは、新たな形で有効活用が可能です。

 

●「もう1部屋」のスペースを確保

 

狭いワンルームとはいえ、リフォームの可能性がゼロというわけではありません。水回りリフォームのように、バスルームをシャワーブースに入れ替えれば、そのぶん居住スペースに余裕ができます。その場所を、パソコンテーブルが設置できる「ワークコーナー」に改装すれば、在宅ワークにぴったりのワンルーム・スタイルの完成です。

 

一方、専有面積が広く部屋数が豊富なファミリータイプの間取りなら、コロナ禍仕様のリフォームは比較的自由です。まずは、家族それぞれが個別に仕事や勉強に打ち込めるプライベートスペースを数ヵ所作る必要があります。今後も在宅ワークやオンライン授業が定着する可能性が高いことから、ノートパソコン等が置けるデスクスペースが複数設けられればベストです。Web会議の際に間仕切りできる装備があれば、それほど面積が広くなくても問題ないでしょう。

 

●抗菌仕様の建材の利用

 

最近では抗菌トイレのみならず、壁材や床材、ドアレバーなどにも抗ウイルス加工が施された商品が増えています。これらの商品は金属の抗菌(菌の繁殖を抑制)作用を採り入れたものがほとんどで、滅菌作用を持つわけではありませんが、入居者募集時に「抗菌仕様の賃貸住宅です」とアピールできるメリットがあります。

 

●趣味が楽しめる賃貸条件

 

テレワークが導入された人は、会社への通勤時間が自宅の自由時間へと置き換わりました。そのため、これまでやりたくてもできなかった自宅の模様替えを楽しむ人が増加し、ホームセンターは長蛇の列です。

 

模様替えのみならず、バルコニーでのガーデニングや居住空間の改装のニーズは高く、賃貸住宅も例外ではありません。そのことから、入居者募集時の賃貸条件を「D.I.Y.可」にする手段も効果的です。入居者が自己負担でリフォームしてくれれば、オーナーの出費はいくらか軽減される可能性もあります。

 

また、在宅ワークの合間にスポーツやゲームといった趣味を楽しむ人も増えてくるでしょう。フィットネスバイクやプッシュアップバーなど室内に設置可能な機材を取り入れるのもよさそうです。また、オンラインゲームや映画・音楽鑑賞、楽器演奏のニーズも高まることが想定され、このような「巣ごもり需要」が増大すると、騒音や振動といったご近所トラブルへの配慮も考えた上でのリフォームをするのがよさそうです。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

環境ステーション株式会社が運営するWEBメディア。健康で快適な暮らしの実現には、住まいの安心と安全環境の整備はもちろん、個人のライフステージに合わせた将来にわたる資産形成プランが必要です。ライフプランnaviでは、将来的なお金の不安や心配を減らし、長期的な視点で最適な資産形成プランを実現するための情報を発信します。

https://lifeplan-navi.com/

著者紹介

連載不動産会社だから語れる「投資・資産形成」のオモシロ知識

※本記事は、「ライフプランnavi」に掲載されたコラムを転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧