在宅勤務では「ちょっとした刺激」が脳と身体を活性化させる

アンケートによると、在宅勤務に不安を抱える人の多くは「運動不足」「コミュニケーションストレス」に悩まされている。心と体の健康を守るために自分でできる工夫と、会社や上司が行うべきケアについて解説する。※本連載は、野地 秩嘉氏著『トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力』(プレジデント社)より一部を抜粋・再編集したものです。

自分を客観視し、自らの仕事をマネジメントする力

在宅勤務になると自分ひとりで仕事をマネジメントすることになる。いわば、仕事をしている自分を管理者である自分が見守る状態と言える。

 

ゆとりを持たせたスケジュールを組ませたり、ウォーキングや仮眠で体調を整えるようコントロールするのは仕事をする自分ではなく、「管理者の自分」だ。

 

新型コロナ危機以前から管理職だった人たちはリモートなり面着なりで部下の仕事を管理する。これは難しいことではない。以前の仕事の延長線上にあるものだから。

 

一方、一般のビジネスパーソンは「管理者の自分」を養成しなければならない。そうして、「部下の自分」を管理する。

 

自分を働かせすぎると、自分が壊れてしまう。

 

「この辺にしておけ」と肩を叩いて、やめさせるのはオフィスにいるマネジャーではなく、自分自身だ。

 

在宅勤務を始めて、もっとも慣れないのは、自分が「管理者、部下というふたつの役割を持つこと」だろう。

 

だが、心配することはない。

 

人間は慣れるという習性を持っている。2週間もすればふたつの役割を演じ分けている自分に気が付く。

 

ふたつの役割を自覚するようになるとは、自分を客観視できるようになることだ。

 

そうしたら、今度は在宅勤務で感じている不安を客観視してみる。

 

たとえば孤独感だ。客観視して自分のなかに孤独感を見つけたら、自分ひとりで抱え込まずに、すぐに上司(本当の管理者)に相談する。ふたりで解決に向けてプランを出す。そうやって、前向きな相談と解決を繰り返せば、不安は解消できる。

疎外感を感じている部下とコミュニケーションをとる

在宅勤務で上司がやることはどこの組織でも同じだ。仕事の指導もさることながら、部下の心のなかから不安、孤独感、疎外感を取り払ってあげることだろう。

 

「あなたはひとりで仕事をしているのではない」

 

それを伝える。

 

不安と疎外感を感じている部下に対しては、つねにコミュニケーションを取る。リモートで声をかけるだけでは足りない。

 

不安と疎外感の原因は直接、上司や同僚と会っていないことなのだから、上司は部下と外で会うといい。リモートだけではなく、時には感染症対策をした喫茶店やカフェで打ち合わせをする。リアルなコミュニケーションを取ることは在宅勤務の刺激にもなる。

 

ストレスをなくすのはいいことだけれど、時々は刺激が必要だ。まったくストレスがなくなった状態とは引退した生活みたいなもので、小さな刺激を与えなくてはならない。単調に陥りがちな在宅勤務ではちょっとした刺激が脳と身体を活性化させるのである。


 

 

野地秩嘉
ノンフィクション作家

 

↓コチラも読まれています 

【医師限定】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー

 

年収1500万円前後だが…勤務医が「資産10億円」になれるワケ

 

ノンフィクション作家

1957年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業後、出版社勤務を経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュをはじめ、ビジネス、食や美術、海外文化などの分野で活躍中。

『TOKYO オリンピック物語』でミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。

『キャンティ物語』『サービスの達人たち』『企画書は1行』『なぜ、人は「餃子の王将」の行列に並ぶのか?』『高倉健インタヴューズ』『高倉健ラストインタヴューズ』『トヨタ物語』『トヨタ現場のオヤジたち』『スバル ヒコーキ野郎が作ったクルマ』『トヨタに学ぶカイゼンのヒント71』『日本人とインド人』ほか著書多数。

著者紹介

連載トヨタ自動車の「危機対策本部」の舞台裏を大公開!

トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力

トヨタの危機管理 どんな時代でも「黒字化」できる底力

野地 秩嘉

プレジデント社

コロナ禍でもトヨタが「最速復活」できた理由とは? 新型コロナの蔓延で自動車産業も大きな打撃を受けた―。 ほぼすべての自動車メーカーが巨額赤字となる中、トヨタは当然のように1588億円の黒字を達成。 しかも、2021…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!