頑張っても儲けられない株式投資…原因は「脳の錯覚」にある? (※写真はイメージです/PIXTA)

人間は「自分は優秀である」と感じるようにできています。そして、損するつらさを、儲ける喜びよりずっと強く感じます。このような錯覚は、私たちが厳しい生存競争を勝ち残るために獲得してきた遺伝的な戦略であり、自身のなかにあるこのしくみを知れば、多少は「投資の見誤り」を予見・回避する効果が得られるかもしれません。自身もしばしば強気の投資を行う、経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

同じ大きさのパンを、サイズの違う皿に載せてみると…

同じパンを大きな皿と小さな皿に載せて並べると、不思議なことに、パンの大きさが違って見えます。こういった眼の錯覚が起こることは有名で、みなさんもパンの例に限らず、いろいろな例をご存じでしょう。私たちにこのような感覚が残っているのは、おそらく、人類の進化の過程で錯覚する個体のほうが生き延びる確率が高かったからなのでしょうね。

 

じつは、眼と同様に脳も錯覚します。この脳の錯覚が、株式投資の際に非合理的な選択をさせてしまう可能性がある、というのが本稿の内容です。

損したときの悲しみは、儲けたときの喜びの2倍

最初の錯覚は、以前執筆した『投資初心者「損切り失敗のループ」から脱出できない納得の事情』でご紹介した、「損したときの悲しみは、儲けたときの喜びより2倍大きい」というものです。つまり、1万円儲かったあとで1万円損すると、元に戻っただけなのに悲しみのほうが大きい、というわけですね。

 

初心者は、儲かったときの利食い売りが早すぎる傾向にありますが、それは「1万円儲かって嬉しい。でも、このまま持っていて元の値段に戻ったら、とても悲しい。だから、いまのうちに売っておこう」と考えるからです。

 

一方で、損した時には損切りが下手で塩漬けにする「今売ったら損失が確定してしまう。それは大変悲しいことだ。持っていれば買った値段に戻るかもしれず、そうなれば今の悲しみが消えてくれる」と考えるからです。

 

初心者の利食いが早すぎて損切りが下手だという話についても拙稿『投資初心者「損切り失敗のループ」から脱出できない納得の事情』をあわせてご参照いただければ幸いです。

小さな確率は、実際よりも大きく感じがち

人間の脳は、非常に小さな確率は実際より大きく感じるようです。墜落するのではないかと飛行機の搭乗に恐怖を感じたり、いかにも当たりそうな気がして宝くじを買いたくなったりする、といったことですね。

 

株式投資を怖がる人のなかには、リーマン・ショックや世界大恐慌のような大暴落をイメージしている人も多いでしょうが、数十年に一度の大暴落を怖がって投資をしない、というのはもったいないことですね。

 

ちなみに、南海トラフ大地震を怖がっている人もいるでしょう。こちらは結構大きな確率かもしれませんから、怖がるのは合理的なのかもしれませんが、これは日本株のリスクであって、外国株は南海トラフ大地震では暴落しないはずです。

 

しかも、南海トラフ大地震が来た場合には、輸入が激増してドルが高くなりますから、外国の株を買っておけばむしろ儲かるかもしれませんよ。

投資のプロも「最近の状況が今後も続く」と考えがち

人間の予測能力は限られていて、現状をベースに予測をするので、株価が上がっているときには「これからも上がるだろうから、急いで買おう」と思い、株価が下がっているときには「これからも下がるだろうから、急いで売ろう」と思う傾向があります。結果として、投資初心者は高値で買って安値で売ることになるわけですね。

 

もっとも、現状が続くと考えるのはプロもどうやら同じようです。プロたちが年初に年末の株価予想を出しますが、多くのプロは「いまの値段と大体同じ。少し上がる(下がる)程度」といった答えをするようです。景気についても、いいときは「今後もいい」と考え、悪いときは「今後も悪い」と答えるプロが多いですね。

 

金利の予測についても「今後10年間の金利は今と大体同じで、少し上がる(下がる)くらい」という予測が多いようです。こちらはアンケートではなく、長期金利の動きを見ていてそう感じるわけです。長期金利は原則として市場参加者の予想する将来の短期金利と等しくなるはずですから。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載「不確実性の時代」を生きる、投資初心者のための株式投資入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧