配当率15%も!フィリピン株式「高配当優良銘柄」3選

2020年に突如として世界を襲った新型コロナウイルスの猛威はいまだ収束を見込めていませんが、それは「投資するべき国No.1」にも選ばれたフィリピンでも同じこと。一方で、コロナ収束後を見据えた絶好の仕込み時と捉える動きも。世界の投資家が注目するフィリピン株式市場について、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターである家村均氏がレポートする本連載。今回はアフターコロナの数年間、安定的に高配当を実施できそうな企業について見ていきます。

優良株の代表「インフラ」「銀行」関連株の注目は?

\\11/6開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

 

インフラ関連株は配当利回りが高い傾向にあります。過去1年の配当率でみると、首都圏での水道事業を行う「マニラウォーター」が6.4%。日本では水道事業は地方自治体の事業ですが、様々な分野で民営化が進んでいるフィリピンでは、民間の上場企業になります。通信銘柄では「PLDT」が5.8%、「グローブテレコム」が5.0%、「メラルコ」の名前で親しまれている電力会社「Manila Electric」が5.3%、発電会社「アボイティスパワー」が5.2%です。

 

銀行セクターでは、「ユニオンバンク」と「中国銀行」が比較的高い配当を実施しています。それぞれ4.7%,4.2%となっています。

 

「ユニオンバンク」はインフラ銘柄として先ほどご紹介した「ABOITIZ」のグループ会社になります。この銀行の戦略はデジタル化です。ITインフラに多くの設備投資を行っています。ほとんどの顧客がE-バンキングに移行しているので、逆にパンデミック化で大きく収益を伸ばしました。資産規模で言えば、8番か9番目で、「中国銀行」よりも少し小さい規模感になります。

 

「中国銀行」は、規模的には国内で6~8位の中堅銀行ですが、「中国銀行」はその名前の通り、1920年創業で華僑の強い顧客基盤を持つ老舗銀行です。また、アジア最大小売企業「SMグループ」に属しています。「SMグループ」には、「BDO」というフィリピン最大の銀行がありますが、顧客基盤、経営戦略の違いがあり、合併の動きは当面ないとみられています。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング エグゼクティブディレクター

慶応義塾大学経済学部卒業後、東急電鉄に入社し、海外事業部にて、米国・豪州・ニュージーランド・東南アジアなどで不動産開発や事業再構築業務に従事。また、経営企画部門にて東急グループの流通・メデイア部門の子会社・関連会社の経営・財務管理を実施した。(約15年)
その後は、コンサルティングファーム(アクセンチュア・ユニシス)や投資ファンド(三菱UFJキャピタル)などで、企業や自治体の事業再構築、事業民営化等の支援や国内外のM&A案件のアドバイザリーを実施。現在、!一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングにて、日本他の投資家および企業、ファンドなどに対してフィリピン不動産の販売やフィリピンへの事業進出のアドバイスを行っている

著者紹介

連載投資すべき国No.1「フィリピン」を取り巻く最新事情

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧