よい外壁塗装業者が「職人たちの顔写真」を出しているワケ

外壁塗装業者の良し悪しを、一般の方が見極めることは困難です。しかし、業者自身が発信している広告宣伝には、業者の姿勢や対応を予見させる、いくつかのヒントが隠れています。自身も外壁塗装の職人として経験を積み、現在は外壁塗装専門の会社を経営する筆者が、チラシから「良い外壁塗装業者」を見極めるポイントを解説します。

業者が「過去に塗装した家」を実際に見に行く

 ●知人、友人の紹介 

 

近くに外壁塗装をしたことがある知人や友人がいる場合、その人に業者を紹介してもらう方法もあります。知人や友人の意見は信頼性が高いのが特徴です。塗装した家を実際に見せてもらうことができますし、工事中の対応はどうだったか、感想はどうか、気になった点はあったか、満足度はどれくらいかなど、依頼者として聞きたいことが聞けます。

 

場合によっては、知人や友人からの紹介ということで、紹介割引が受けられることもあります。

 

業者側としても、紹介者の顔に泥を塗るわけにはいきませんので、いつもより丁寧にやろうと思うでしょうし、対応にも工事にも気を配るでしょう。

 

注意点としては、家は1つ1つ形も状況も状態も違うことです。そのため、知人や友人が大満足だったとしても、自分も同じように大満足できるとは限りません。

 

もう1つは、知人や友人の紹介で業者に相談すると、「別の業者にも話を聞いてみたい」「ほかの業者に依頼したい」などと思ったときに断りづらい場合があることです。

 

契約して工事が始まると、その過程で不満があったときもクレームをつけづらくなることがあります。

 

これは業者の良し悪しというよりは知人や友人との関係性によるところが大きいのかもしれません。紹介してもらう場合は、断っても後腐れがないように「契約に至らなかったらごめんね」とあらかじめ断っておくなどの配慮をしておくとよいでしょう。

 

 ●経験者の声 

 

リアルな声を聞くもう1つの方法として、依頼しようか検討している業者に、過去に塗装した家を紹介してもらうことができます。

 

地元の業者なら、過去に塗装した家もおそらく近くですから、見に行くことができます。

 

業者によっては、塗装した家のオーナーを紹介してくれることもありますし、オーナーと直接話ができれば、感想を聞くことができます。過去に塗装した家のオーナーを紹介できるということは、工事の仕上がりに満足している人がいるということですし、そのあとも良い関係を築いているという証しともいえます。

 

その点から見ても、「工事の感想を聞ける過去のお客さんはいますか?」と聞いてみることは良い業者選びにつながるポイントといえるでしょう。

 

 

久保 信也

株式会社リペイント匠 代表取締役

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

株式会社リペイント匠 代表取締役

1982年、三重県鈴鹿市生まれ。小学校4年生のときに両親が借金を原因に破産し、離婚。父と極貧生活の幼少期を送る。15歳から足場工事会社で働き始め、21歳で独立し久保組を立ち上げる。

3年後、法人化し足場工事以外にも塗装事業を開始。その後事業を行うなかで、元請け業者の利益よりも、一般のお客さまにより安く・良い仕事を提供したいと考え、2012年9月に株式会社久保組を売却。同年同月、一般戸建て住宅に特化した外壁塗装専門会社リペイント匠を設立する。

2013年6月には法人化し、社名を株式会社リペイント匠に改称。現在では年間400件以上の工事を請け負い、地元では有名な塗装会社として名を馳せる。

著者紹介

連載投資家、不動産オーナーのための失敗しない「外壁塗装」ノウハウ

家の寿命を20年延ばす はじめての外壁塗装

家の寿命を20年延ばす はじめての外壁塗装

久保 信也

幻冬舎MC

なんとなく後回しにしがちな外壁塗装。実際に、料金や工法もよく分からない戸建て住宅オーナーは多い。 しかし、外壁塗装の知識がないまま業者に依頼してしまうと、雨漏りや料金トラブルが発生してしまうこともしばしば………

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧