その他 闘病の記録
連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

テレビ局でカメラマンとしてバリバリ働いていた夫は、突然難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した

ALS

テレビ局でカメラマンとしてバリバリ働いていた夫は、突然難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した

「テレビ局でカメラマンとしてバリバリ働いていた夫は、突然難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した」……松本しほり氏は書籍『ALSと闘った日々』のなかで、当時の闘病の様子を赤裸々に記しています。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

善一さんの口から絶対出るはずのない言葉が零れ落ちた

その人は60歳くらいで、杖をつき、リズミカルな動きではないにしても、黙々と着々とその広場を回っていた。未央を草原で遊ばせながら、私は見るとはなしに、その人と善一さんの動きを比べてしまっていた。

 

明らかに足が悪く、杖をつきながら歩くその人のほうが、善一さんより健康そうでスイスイと歩いているように見えた。それほど善一さんの足は、傍目にも痛々しいくらいぎこちない動きしかできなくなっていたのだった。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

周囲のすばらしい景色を眺める余裕もなく、ただ足元を見つめ、黙々と30分くらい歩いた善一さんは、「疲れた」と言って、車を近くまで持ってきてほしいと私に言った。

 

車に座った善一さんは、開口一番、「あれくらい歩ければいいよな、充分なのにな」と先ほどの杖の老人のことを言った。

 

以前の善一さんの口からは絶対出るはずのない言葉だった。私はそのつぶやきに、善一さんの深い絶望の片鱗を感じたのだった。

 

けれども、こんな天気の良い日、こんなに景色の良いところには、絶望の言葉は似合わない。

 

「リハビリ頑張れば、すぐあれくらいに戻れるよ」

 

私は、あてもないことを妙に元気良く話しかけたが、善一さんの返事はなかった。

 

「なんだか夢を見ているようだ」と善一さんは時々言ったものだった。そして私も。

 

ずいぶん長いこと、これは夢、悪夢なのではないか、明日の朝になると何もかも元通りになるのではないかと、ずいぶん甘い期待をしていた。

 

けれども、いつまで経っても、誰もこれが夢だったとは言ってくれなかったし、善一さんの足は治るどころか、日に日に悪くなり、退院して半年後には、平坦な道さえも、ゆっくりゆっくり、人の何倍もの時間をかけて、慎重のうえにも慎重に、そろりそろりと歩かなければならなくなり、その次は壁や塀に片手をかけて用心しなければ、前に進むことが怖くなるくらいになってしまったのだった。

 

*****************************

松本 しほり 
1956年3月、長崎県佐世保市生まれ。
神戸市外国語大学英米学科卒業。
OL、英語教師、学習支援員を経て、現在は日本語教師として勤務。
佐世保市の学習支援ボランティア、佐世保市のウェルカムサポーター(大型客船来航時の通訳ボランティア)としても活動。
日本ALS協会会員

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『ALSと闘った日々』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。最新の法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧