自力で起き上がれなくなっても入院拒否…93歳独居老人の最期

麻酔科医から在宅医へと転身した矢野博文氏は書籍『生きること 終うこと 寄り添うこと』のなかで、「最期までわが家で過ごしたい」という患者の願いを叶えるために、医師や家族ができることは何か解説しています。

 

新しいヘルパーステーションが入ることになって何とか秋を迎えることができましたが、今度は下肢の浮腫を引っ掻き、傷から体液が大量に漏出し、そのうえ悪いことに傷の感染も起こしてしまいました。

 

抗菌薬を処方してもまともには内服してくれません。そうしている間にも腎機能はどんどん悪くなっていきました。腎性の貧血も伴っています。

 

下肢の感染のコントロールが順調にいかず一カ月ほどが経過し、これを理由に入院を勧めたところ突然激高し、診察もさせてもらえませんでした。

 

加藤さんは自分の行動を非難されたと理解したようです。ケアマネジャーからは、よくあることなので気にしないようにとのアドバイスがありました。案の定、次の訪問診療も同じ医師が担当しましたが、何らトラブルはありませんでした。

ある日往診に行くと、ベッド上で動けなくなっていた

その年の12月のある日、発熱と悪寒があるとのことで加藤さんから往診依頼がありました。食事はほとんどとれずベッド上で動けない状態でした。

 

訪問直後は今まで同様「入院はしたくない。ここで死んでもいい」との一点張りでしたが、一人暮らしなので尿や便が垂れ流し状態になってしまうことなども含めて、1時間ほどかけて加藤さんを説得した結果、私たちのクリニックに入院することを了承してくれました。

 

約1時間説得した結果、入院が決まった(画像はイメージです/PIXTA)
約1時間説得した結果、入院が決まった(画像はイメージです/PIXTA)

 

入院後は尿路感染症の診断で、抗菌薬投与と点滴で治療し、状態は徐々に改善しました。病棟看護師を呼びつけては大声で文句を言うものの、結局は指示どおり薬も飲んでくれる状態でしたので、早めの退院も考えられました。

 

しかし入院して3日目、解熱しているにもかかわらず食事が進まず、強い全身倦怠感を訴えました。血液検査上腎機能がさらに悪化し腎不全の状態で、早期退院は無理な状況となりました。

 

入院8日後には声を出す元気もなく経口摂取は困難なままで、大好きなオロナミンCも飲めません。全身状態はさらに悪化し、加藤さんの今後をどうするのか、医師、看護師、医療ソーシャルワーカー、ヘルパーが集まって話し合いを持ちました。

たとえ疎遠であっても…家族を探してみた結果

実現はできませんでしたが、自宅での看取りも検討されました。話し合いの中で、たとえ疎遠であっても家族がいるなら現状を家族に伝えることが必要ということになり、医療ソーシャルワーカーが家族を探すことになりました。

 

当院の医療ソーシャルワーカーが市役所に連絡すると、比較的簡単に息子さんと連絡がつきました。まずは当院へ来ていただき病状の説明を行い、今後は加藤さんの苦痛を可能なかぎり軽減することを治療の中心とする方針であると申し上げ、息子さんに納得をしていただきました。

 

加藤さんとも面会してもらいましたが、加藤さんは横を向いて顔をしかめるだけでした。息子さんは「過去にいろいろあったもので……」と弱々しく話すのみでした。

 

息子さんの面会から約1週間後、加藤さんは静かに呼吸を停止し旅立たれました。息子さんは加藤さんに最期まで寄り添っていました。

 

最期の最期に加藤さんと息子さんの面会を企画したことはよかったのかどうかはわかりません。ただ加藤さんの生命が燃え尽きようとしたときに、かかわっていた周りの人々はその方がベターであると考えたのは事実です。だからこれでよかったのだと思います。

高齢化が進み、多死社会を迎える日本。重要なのは…

今後、多死社会を迎えようとしているわが国では、加藤さんのように独居で最期の時間を過ごすような人が増えると考えられます。今回は最期に家族に会っていただくという結論になりましたが、場合によっては会わない方がベターということもあるでしょう。

 

最期のときをどのように過ごすかは当然本人の意思が最優先されるべきですが、今回の加藤さんのように自分の意思を正直に表明できないような人もいると思われます。

 

【5/28 関連セミナー開催】
10年間「年10%」の利回り保証!「ベトナム初・5つ星スパリゾートホテル投資」の全貌

たんぽぽクリニック 医師

1957年7月徳島市生まれ。1982年川崎医科大学を卒業。以後病院で麻酔科医として勤務。

2005年3月よりたんぽぽクリニックで在宅医療に取り組む。休日は釣りなどをして海で過ごすことが多い。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『生きること 終うこと 寄り添うこと』より一部を抜粋したものです。最新の税制・法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ